ComicSheep

コミックシープ - 漫画レビューの紹介コミュニティ

ログイン ユーザー登録

つぎは、どの漫画読もうかな?

読み終えた漫画の
レビュー共有、ログ保存サービス

strength

マンガ管理

どのシリーズでどの巻数まで読み終えたか記録することができます。 また、毎月どれくらいのマンガを読んでいるかグラフでわかります。

strength

好きな漫画について話す

好きな漫画について、
他のユーザーと話すことができます。

strength

無料のマンガを読む(近日公開)

無料公開されているマンガを
サービスから読むことができます。

コミックシープを始める

新着レビューを見る

現代のリアル借金地獄絵図、コミックス第18弾! 丑嶋を「カオルちゃん」と呼ぶ幼なじみが現れる。 その

ゆずぽんず 2018:10:15 03:15:04
★★★★★
★★★★★

今までハッキリとは分からなかったウシジマくんのことが、今回で結構知る事ができました。いつかは来るだろうなと思っていた、ウシジマくんの過去の物語。ちょっとウシジマくんに親近感が湧きました。今後もさらに、過去について明らかになっていくのでしょうか。

闇金ウシジマくん(17)

ゆずぽんず 2018:10:15 03:07:57
★★★★★
★★★★★

ページをめくった途端、「あれ?16巻だったっけ?」と思わせてしまうような内容でした(笑)でも、以前よりさらに怖い!あの状況は、夢に出てくるんじゃないかと思うほどです。今回の話は、久しぶりに長かったですね。

闇金ウシジマくん(16)

ゆずぽんず 2018:10:15 03:04:30
★★★★★
★★★★★

開始早々、ウシジマくんワールド前回でしたね。そのへんのホラー映画より、妙に背筋が凍ります。結論から始まる物語も、たまにはいいですね。ウシジマくん、本当に容赦ないというか、冷酷極まりないです!

闇金ウシジマくん(15)

ゆずぽんず 2018:10:15 03:00:53
★★★★★
★★★★★

今度は「テレクラくん」のストーリー。テレクラって言葉しか聞いたことがなかったので、こんな感じなのか……とフムフム。ここ最近は1巻でちょうど1つの物語が終わるので、単行本派にとっては読み進めやすくて助かります。

闇金ウシジマくん(14)

ゆずぽんず 2018:10:15 02:58:00
★★★★★
★★★★★

今回は、タクシードライバーに焦点が当てられていました。よく闇金のイメージしやすいような登場人物は一通り出てしまったので、次はどんな設定なんだろう?と思っていたところ、まさかのタクシー界。まったりした雰囲気の業界かと思っていましたが、結構闇の世界なんですね。

闇金ウシジマくん(13)

ゆずぽんず 2018:10:15 02:54:54
★★★★★
★★★★★

13巻に入ってからは、新たに「出会いカフェくん」が始まりました。今回も、なかなか現実味のある話。簡単に人生が終わっていくんだなと考えさせられました。女の子は、自分の体をちゃんと大切にしないといけないですね、本当に。

闇金ウシジマくん(12)

ゆずぽんず 2018:10:15 00:19:16
★★★★★
★★★★★

もう初っ端から、見ていて痛々しいシーンが。思わず目を背けたくなるような……でも読み進めてしまう、不思議な気持ちにさせられるウシジマくんです。本当にこんなことをさせられている人、どこかにいるのだろうか……。

闇金ウシジマくん(11)

ゆずぽんず 2018:10:15 00:16:35
★★★★★
★★★★★

11巻を読むと、街行くサラリーマンを心の底から応援したい気持ちにさせられました。毎日毎日働いているのに、なんでこんな目に遭っているんだろう。やはり友達は、ちゃんとしてる人を選ばないとダメですね。

闇金ウシジマくん(10)

ゆずぽんず 2018:10:15 00:11:21
★★★★★
★★★★★

フリーターくんが終わり、次はサラリーマンくんです。フリーターに比べると、まだ安定している身分じゃないかと思っていましたが……今回もまた訳ありの人ばかり登場しましたね。誰が地獄を見るんだろうか……。

闇金ウシジマくん(9)

ゆずぽんず 2018:10:15 00:04:35
★★★★★
★★★★★

今回もまた、フリーターくんの物語が続きました。フリーターと聞くと、今までは自由があってのびのびとしたイメージでしたが……ウシジマくんを読んでからは、一気に印象が変わりました。固定概念をぶっ壊してくれるほどの読み応えがありますね。

闇金ウシジマくん(8)

ゆずぽんず 2018:10:14 23:49:19
★★★★★
★★★★★

まるまるフリーターくんのお話でした。巻数を重ねるにつれて、だんだん1つのテーマが長くなってきたように思います。それだけ深く掘り下げているということでしょう。今回は、美津子さんの心配ばかりしてしまう巻でした。こうやって人は騙されていくのですね。

闇金ウシジマくん(7)

ゆずぽんず 2018:10:14 23:45:34
★★★★★
★★★★★

風俗の話がやっと完結しました。もう、男も女もみーんな裏がありすぎですね!それが現実ってもんなんでしょう。ウシジマくんを読んでいると、読み終えた時に夢から覚めたような感覚に陥ります。それほどウシジマくんワールドに引き込まれてしまうんですよね。

闇金ウシジマくん(6)

ゆずぽんず 2018:10:14 23:38:47
★★★★★
★★★★★

風俗のリアルな世界を覗くことができました。女の世界は、やっぱりどこも怖いですね。お客さんも、そりゃあ愛想のいい女の子に相手してほしいに決まってます。杏奈がもう少しうまく気持ちを切り替えられる性格だったら、こんな悲劇は起きなかったでしょうね。

闇金ウシジマくん(5)

ゆずぽんず 2018:10:14 23:32:39
★★★★★
★★★★★

お金でここまで人生が狂うもんなんですね。もう人間関係も、信用もめちゃくちゃ……。お金は借りる側だけでなく、貸す側もリスクがあるのだなと勉強になりました。自分がジュンの立場だったらと思うと、もう考えるだけでうなされそうです。

闇金ウシジマくん(4)

ゆずぽんず 2018:10:14 23:27:01
★★★★★
★★★★★

前の巻から気になっていた、ゲイくんの話が終わりましたね!なんというか…色々考えさせられる終わり方でした。お母さんは、本当にいい人なんでしょうね。現実で本当にありそうなことばかりなので、良くも悪くもゾっとする場面が多かったです。

SLAM DUNK(#29)

 2018:10:14 19:15:00
★★★★★
★★★★★

後半20点以上もあった差を8点にまでちぢめた。って20点あったら諦めそうなもんだけどそこは安西先生がついている!あの名言がどこまでも心に響く!!!

SLAM DUNK(#28)

 2018:10:14 19:13:18
★★★★★
★★★★★

魚住の助言で復活した赤木と三井のコンビプレイが見もの。魚住かっこいいわ~やし2人のキャラをよく分かってるなと思う。でもスポーツには勢いとムードが大事。

SLAM DUNK(#27)

 2018:10:14 19:11:03
★★★★★
★★★★★

山王こわい。今までのイケメン(中身も外見も)が揃っていた敵チームに比べみんな同じおにぎり君に見えるし毛色が違ってなんだか感情移入できない。そういう風に描かれているのだろうがうまいなと思う。

SLAM DUNK(#26)

 2018:10:14 19:08:10
★★★★★
★★★★★

みっちゃんを見ていると3pシュートって簡単に入りそうな気がしてしまうんだが実際ラインにたってみるとゴールとおっ。昔は3pなんてなかったから小柄な人も花がもてていいですね。

SLAM DUNK(#25)

 2018:10:14 19:05:26
★★★★★
★★★★★

だとうやまおう~~!!と叫ぶ桜木が素敵すぎ。モチベーションあげてその気になったら勝てるかも!!と初心者ならでは、玄人には考え付かない心理作戦!?

SLAM DUNK完全版(23)

 2018:10:14 18:58:58
★★★★★
★★★★★

ルカワってクール見えて結構野心家でアグレッシブですね。単なるめっちゃうまい高校生だと思ってたんですが先のことまで見据えバスケと付き合ってるんですね。

SLAM DUNK完全版(24)

 2018:10:14 18:55:56
★★★★★
★★★★★

リバウンドを制すものはゴール下を制す。リバウンドってとても大事ですが要はこぼれ玉を入れる行為で、それをこんなにかっこよく描けるなんてホントすごい。

SLAM DUNK完全版(22)

 2018:10:14 18:53:07
★★★★★
★★★★★

シュート2万本。自分のためにシュートの練習。中学時代やめたくてもやめられなかった部活を経験している自分から見たら、自分のためにがんばれることがあって羨ましいと思う。

SLAM DUNK完全版(21)

 2018:10:14 18:48:31
★★★★★
★★★★★

頭脳派、ベンチ暖め係でスタメンにはなれないけど分析、作戦をたてキャプテンとチームを作る、そんな小暮がしゅっといれたシュート。鳥肌が立ちました。

SLAM DUNK完全版(20)

 2018:10:14 18:44:52
★★★★★
★★★★★

魚住、敵だと強そうにみえる、無敵に見えるし感情移入もできないのだが強そうにみえて人間臭いところについ引き込まれてしまう魅力を持っている。

聖伝(7)

Eselletis 2018:10:14 01:33:08
★★★★★
★★★★★

仲間がどんどん脱落していって、これ大丈夫なのか……!?とすら思う。エンディングに向かってどんどん因果が清算されていくというか。過去の因縁もここに来て詳らかになって、決着がついていくような。面白いくらいキャラクターが死んでいく。帝釈天の真実が明かされて、「そういうことだったのか」と腑に落ちると同時に、これは愛の物語だったのかもしれないとすら感じる。個人的には毘沙門天と吉祥天のエピソードが胸を打った。

おとめ妖怪ざくろ(4)

Eselletis 2018:10:14 01:25:44
★★★★★
★★★★★

優しくない現実をせめて心の準備ができてから、という思いやりはカラ回って、結局最悪の形で真実が知らされてしまいそうな波乱の4巻。あれだけ妖怪を怖がっていた総角の成長が眩しくて、大切な仲間のために団結する一行が素敵だった。人と人のつながり方や、思いやりが本当に相手を思いやれているのか、とか、そういう部分を描くのが上手な作家だなぁと改めて感心する。距離の詰め方が鮮やかなざくろが、百緑のことを助けてあげられると嬉しいところ。

おとめ妖怪ざくろ(3)

Eselletis 2018:10:14 01:13:03
★★★★★
★★★★★

突然の刺客の登場で、一気に物語に山場が生まれた感が。ざくろと総角の心が繋がった瞬間だったようにも思えるし、薄蛍と利劔のペアは見ていて安心するほど。丸竜たちは留守番だったものの、良いパートナーでいるんだなということが分かるような一幕もあって良かった。緊迫したシーンの連続で、ここから先の展開が抜き差しならないことがそれとなく暗示されているような巻。ざくろの過去についても、本人より保護者や外野の方が詳しいせいかすれ違う部分があるのかも?

おとめ妖怪ざくろ(2)

Eselletis 2018:10:14 01:01:32
★★★★★
★★★★★

雪洞・鬼灯と丸竜ペアが絆を深めた巻。夜会に潜入したり、総角家についていったりと洋装が多くて紙面も華やかだった。意地っ張りなざくろと総角の関係が少しずつ近くなっていて微笑ましい。綺麗な言葉と明るい性格の双子の過去は丸竜の予想を超えていたし、だから守りたいのだと優しく手を握ってくれた彼女たちのためにきっとこれから彼は強くなるんだろうなと思えるよいエピソードだった。ざくろの母親についても仄めかされて、物語がじわじわ動き始めていく予感がする。

兄友(1)

Eselletis 2018:10:14 00:47:34
★★★★★
★★★★★

高校生とは思えないピュアさで恋愛していく二人、この二人だけだったら甘すぎて読めなかったかもしれない……!強すぎる兄に振り回されたり、性格が愉快すぎる両親の暴走だったりに半ば巻き込まれる中で距離が近づいていくからこそ読んでいて適度な緊張感がある。JKというよりむしろ母親に近い家事能力や趣味、スペックを誇るヒロインだからこそ古臭かったり、「イマドキ」じゃない部分があるけれど、ある意味世間知らずなまいにぴったりの巻き込まれ系男子だなぁと感じる。お似合いの二人で、見ていてほっこりする。

BLACK LAGOON(5)

Eselletis 2018:10:14 00:36:04
★★★★★
★★★★★

これにて日本編が完結。雪緒の出した結論や選んだ生き方は賛否両論あるだろうけど、あの結末はやるせないなぁと思ってしまう。ただ、彼女なりに精一杯義理を通したのだということは伝わってくるから、本人だけはやりきって満足してしまっているという。ロックにとっては、元いた世界と決別するために必要な「帰郷」だったと思うし、ここを超えたからこそのロベルタ編なんだろうな。ロックと行動を共にしていたレヴィの心中を考えるといろんな感情が渦巻いてしまうけれど、二人がまたロアナプラに揃って戻ることが嬉しい。

火ノ丸相撲(2)

Eselletis 2018:10:14 00:30:10
★★★★★
★★★★★

とにかく展開が早い……!まだ二巻なのに、こんなところでもう対戦が実現してしまっていいのか!?と動揺してしまうほど。鬼丸国綱VS三日月宗近という夢の対戦だけど、ここからどんどん強敵が出てくるのに……みたいな。こんな序盤で対決してしまって、次のバトルはいつになるんだろう。ただ、このスピード感は読んでいて清々しいところも。スポーツ漫画特有の「一試合だけで2巻使う」ということがなくて、どんどん話が進んでいく感じがある。迫力もあり、相撲漫画というよりバトルものでは?と思わせる気迫もあってよい。

合本 異国迷路のクロワーゼ memoire

Eselletis 2018:10:14 00:22:05
★★★★★
★★★★★

二巻分が雑誌の形で合わさってオマケも追加されたという豪勢な一冊。まだ海外渡航が一般的ではなかった時代に単身フランスに渡った日本人の少女の物語で、文化の違いを肌で感じながらもしなやかに感性を育てていく姿は湯音の姉が信じたように眩しいもので、胸が暖かくなる。身内と迎えた人間に対する柔らかさという点では日本もフランスも同じで、ドレスのことを「あの方の一部」と表現したところでぐっときてしまった。大切な一部、思い出を分け与えてくれたのだという感覚は当事者でなければ分からないのかもしれないけど、貴族の女性という身分の彼女が秘める強さと悲しさに気付く日がくればいい。

BROTHERS CONFLICT feat.Yusuke&Futo

Eselletis 2018:10:14 00:15:34
★★★★★
★★★★★

14兄弟との恋愛模様、年齢の近い二人がピックアップされてのスピンオフ。同級生で同じクラスの侑介が一番近くにいて、誰より早く見つけていたというストーリーが明かされてぐっとくる。プレイ時一番好きだったこともあって素直に嬉しい。「ちぃちゃん」の髪の毛が短かったころの姿も良かった。風斗の方は予想通りの話運びではあったものの、作中何度も繰り返すあのお部屋訪問がああいう形で描写されるとまた違った緊張感があって面白い。

遙かなる時空の中で6(1)

Eselletis 2018:10:14 00:10:38
★★★★★
★★★★★

漫画ならではのアレンジとして、蛹が蝶に変わるように花開く様子を髪の毛という形で表していて、このアレンジは良いなと思った。原画を担当している水野さんが漫画を描いているからこそ、絵柄面で全く不安がなくて安心して読むことができて良い。鬼サイドから物語が始まるのは当然として、ここからどういうルートを辿って終わりまで辿り着くのかが気になるところ。漫画で見ると、ゲームとは違ったアングルで物語やキャラクターを眺めることができてまた違った楽しさがある。

白銀妃(1)

Eselletis 2018:10:13 23:55:25
★★★★★
★★★★★

素晴らしく美しいけれど度が過ぎた天然の少女が、家のために王のハーレムに……と言うと聞こえがいいものの、今のところどこまでもギャグ漫画。美女・美少女揃いの後宮でもひと際輝く美貌ながらゲロはするし食べるものもおかしい、行動もおかしければ発言も抜けている主人公からは目が離せない。王はまだあまり出てきてはいないものの、まくらとして任命するなど要所要所で確実に距離を縮めていて期待ができるはずなのだが、この二人がくっつくところがなかなか想像できないという稀有な作品。

ARIA The MASTERPIECE完全版(1)

Eselletis 2018:10:13 23:52:06
★★★★★
★★★★★

懐かしくて、優しくて、穏やかで、慈しんでくれるような、究極の癒し漫画。この星の外は「こんな」ではない、ということが示唆されているけれど、このネオ・ヴェネツィアはノスタルジーの極致というか、「古き善き」の理想郷のような世界として描かれていて、良くも悪くも現実世界が苦しいと思っている人ほど刺さるような気がする。画としても綺麗かつ幻想的で、旅をするようにページをめくることができる。

コレットは死ぬことにした 11

Eselletis 2018:10:13 23:48:07
★★★★★
★★★★★

メンテとの別れが傷にならなくてよかった、と同時に、自分もいつまでも一緒にいられるわけではないのだという事実を改めて教えてくれるいい機会になったと思う。探検隊のハデス様が可愛くて、並んで歩く二人の姿が微笑ましかった。冥界と現世と二つの世界を行き来するコレットは恋をしたけれど、どうしようもなく生きている存在で、今後お互いに直視しなくてはいけない壁が沢山あるのだろうなと感じるけれど、穏やかで温かい結末を迎えてくれるといいなぁ。

そんな目で見てくれ

Eselletis 2018:10:13 23:41:00
★★★★★
★★★★★

これは本当にBLなのか……!?と思うくらいギャグ成分が高いけれど、設定としては王道な部分もある名作。出会いの場面、主人公に見えていなかった世界、場所、のシチュエーションが後半で改めて描き直されたところでぐっときてしまった。周りが見えていない主人公ということもあったけれど、彼との出会いを通じて「スーパー攻め様(笑)」だった主人公も変わったんだなと感じることができて良かった。素直じゃない弟ともども、良い出会いだったんだなぁと感じる。

おとめ妖怪ざくろ(1)

Eselletis 2018:10:13 23:21:27
★★★★★
★★★★★

主役ペアはまだ距離があるけれど、薄蛍と利劔の関係はこの頃から進展してたのか~と改めて思う。獣耳がついた少女たち、賑やかな妖怪たち、という明るい側面がまだ強いけれど、実際は差別されることも多いし良い思い出ばかりがあるわけでもなく。それでも、このペア制度によって彼、ないし彼女は救われる部分があるんだと感じることのできるエピソードがあって素敵。

14歳の恋(1)

Eselletis 2018:10:13 23:09:19
★★★★★
★★★★★

ピュアすぎて眩しい……!周囲から向けられる視線に応えようとしてしまう、ある程度応えられてしまう、というのは確かにこの年頃のリアルだし、秘密を共有するふたりが恋仲になることだってあるよなぁなんて思う。ただ、この作品の見どころはそんなところではなく、14歳の瑞々しい感性と幼さ由来の初々しすぎて真っ直ぐな恋愛模様にある。恥ずかしすぎて逆に直視できなくなりそうになるくらいすごい。

狼陛下の花嫁 16

Eselletis 2018:10:13 23:02:42
★★★★★
★★★★★

やっと再会できた!夕鈴がいない間の狼陛下のぼろぼろな状態を思うと良かったね……と思うけれど、あそこで歯を食いしばって夕鈴を解放することができた陛下はもう次は許さないのだろうな。夕鈴を見つけた瞬間の激昂に心乱されてしまった。幸せに、穏やかにと願って外に出したはずなのに、と冷静ではなくなってしまうのも仕方がないけど、相手の幸せを勝手に決めつける傲慢は正される。二人には幸せになってもらいたい。

HUNTER×HUNTER 36

Eselletis 2018:10:13 22:50:17
★★★★★
★★★★★

表紙通り、ついに乗り込んできた旅団メンバー。まだクラピカとぶつかっていないから、今後の展開次第でどう動くかなといったところ。ヒソカとの因縁に決着をつけるためとはいえ、あの兄弟も揃っているし誰が欠けるか……と思うとそわそわしてしまう。カチョウ王子とフウゲツ王子も動き出して、少しずつ王子たちの念能力が見えてきたけどやっぱり上位陣の能力のえげつなさが光るなぁと感じる。

繭、纏う 1

Eselletis 2018:10:13 22:42:57
★★★★★
★★★★★

胸が詰まりそうなほど濃密な、少女たちの世界だった。この絵じゃないと描けない、と評価がある通り、美しく流れる髪の毛が紡ぎ、織り成す独特の世界が本当に繭のよう。百合と呼ばれる関係が題材になってはいるけれど、そんなことばで片づけていいものかわからない美しい物語になっている。特別な制服と特別な慣習、髪の長い少女たちの鬱屈した感情、全てが完璧で閉じられた花園に相応しい装置になっていた。

ゴールデンカムイ(1)

Eselletis 2018:10:13 22:39:17
★★★★★
★★★★★

ギャグシーンの勢いの良さで有名だけれども、実際に読んでみるとなかなかエグい描写もあり、血しぶきも飛ぶわ銃弾も飛ぶわという作品。それでも、主人公たちの強さと自前の性格の明るさのせいか悲壮感がなく、すっきりした後味で読むことができる。地図が集まったときに明かされる真実が、彼らを救うものであってほしいなぁと思いつつ。

山と食欲と私(1)

マホーン 2018:10:13 16:00:27
★★★★★
★★★★★

これも美味そう!

キリングバイツ(2)

マホーン 2018:10:13 15:42:45
★★★★★
★★★★★

結構面白いですね!

魔王の秘書(1)

マホーン 2018:10:13 11:06:01
★★★★★
★★★★★

最高すぐるww

保安官エヴァンスの嘘 1

マホーン 2018:10:13 10:58:46
★★★★★
★★★★★

少年心をすごく捉えた漫画だと思います。

監獄学園(28)

マホーン 2018:10:13 10:50:58
★★★★★
★★★★★

このシーンww

人気ユーザーランキング

ch4c01

312件

自宅に1500冊以上のコミックを保有。スポーツ漫画と少女漫画が特に好き。....

ゆずぽんず

265件

少女漫画も少年漫画も、幅広く読みます!....

名無し

189件

....

mahoho

166件

宜しくお願いします!....

マホーン

145件

好きな漫画、読んだ漫画についてつぶやいていきます!宜しくお願いいた....

人気漫画ランキング

ジャガーン 1

金城 宗幸/にしだ けんすけ

君に届け(1)

椎名軽穂

アイアムアヒーロー(9)

花沢健吾

闇金ウシジマくん(20)

真鍋昌平

バガボンド 37

吉川英治

キーワードから探す

少年マンガ (175) 青年マンガ (177) ギャグマンガ (9) 少女マンガ (60) バトル (63) ミステリー/ホラー (32) ビジネス (29) スポーツ (149) 歴史 (39) その他 (35)

著者から探す

鈴木ジュリエッタ (2) 諫山 創 (1) おりもとみまな (1) 加賀やっこ (2) 小学館 (2) 高野 ひと深 (2) 山本英夫 (1) 赤松 健 (2) 上原 求/新井 和也 (1) 鈴ノ木ユウ (14) みもり/香月日輪 (1) 白石ユキ (4) 藤原ここあ (11) フジカワユカ/理不尽な孫の手 (4) オザキ アキラ (5) 三条陸/稲田浩司 (1) 水野十子 (2) 花田陵 (7) ひぐち アサ (2) 古味 慎也/HiRock (7)