ComicSheep

コミックシープ - 漫画レビューの紹介コミュニティ

ログイン ユーザー登録

つぎは、どの漫画読もうかな?

読み終えた漫画の
レビュー共有、ログ保存サービス

strength

マンガ管理

どのシリーズでどの巻数まで読み終えたか記録することができます。 また、毎月どれくらいのマンガを読んでいるかグラフでわかります。

strength

好きな漫画について話す

好きな漫画について、
他のユーザーと話すことができます。

strength

無料のマンガを読む(近日公開)

無料公開されているマンガを
サービスから読むことができます。

コミックシープを始める

新着レビューを見る

MAJOR(39)

 2018:09:19 19:18:44
★★★★★
★★★★★

小森バッテリーVSバッター吾郎の真剣勝負が見所です。吾郎の影に隠れ気味な幼少期を過ごしたコモリンですがスポットライトをあびているようです。

MAJOR(38)

 2018:09:19 19:16:53
★★★★★
★★★★★

小学校から一緒に野球をやってる友人と争えるなんて素敵だなと思います。吾郎に対して地味目に描かれているコモリンですが野球が好きでずっとやってたんですね。

NARUTO(14)

たなから水あめ 2018:09:17 20:21:50
★★★★★
★★★★★

この巻では、火影がついに崩れるかどうかという話がどんどん進んでいきそうな展開が多く入っている巻だ。火影同士の戦いはやはりすごい。今までの戦いとは違うとはっきり分かるほどの違いだ。一体これから先どうなっていくのか引き込まれていく。

MAJOR(37)

 2018:09:17 16:56:01
★★★★★
★★★★★

夏に足を故障とか、その設定だけでなんかこうぐっとこみ上げるものがありますがそこは吾郎なんとかしてしまうようでピンチはチャンスとはこのことかと実感。

MAJOR(36)

 2018:09:17 16:53:45
★★★★★
★★★★★

中学高校の野球は上手い下手よりも精神力とかチームワークとかが重要になってくるんだなと思わせる巻。ここで海藤の2軍と戦うとか面白すぎる。

MAJOR(35)

 2018:09:17 16:51:37
★★★★★
★★★★★

野球がうまい、下手の前にまずテーマが団結で、スポーツとはを考えさせられる。一人が突っ走っても上手くいかない。さてどうなるのやら。

MAJOR(34)

 2018:09:17 16:49:42
★★★★★
★★★★★

野球大好きな友人たち、大人たちに囲まれていたところからの野球無関心、野球部なしの高校への編入。これはキツイ。関心の無い人を感心もたせるって大変。

MAJOR(33)

 2018:09:17 16:46:53
★★★★★
★★★★★

吾郎、あつすぎるやろ。結局海藤やめるのか。いち高校生相手に大人がむきになる、末おそろしや。おもしろくなってきました。

MAJOR(32)

 2018:09:17 16:44:16
★★★★★
★★★★★

高校生、中学でたてにしてはうますぎやろと突っ込みたくなりますがこの志でこの技術があったらみんな無敵じゃないか!?

MAJOR(31)

 2018:09:17 16:42:08
★★★★★
★★★★★

「ボールを投げる」ということにここまで一生懸命になれるなんて逆に羨ましい。「はやく投げる」ということに魅力を感じるのは男のさが。

MAJOR(30)

 2018:09:17 16:39:46
★★★★★
★★★★★

眉村のジャイロボール、すごいなー。ジャイロボールなんて初耳だったけどそんなのあるんだ!と思っていたら「中学生でジャイロ投げれるやつなんかいない」と夫の一言。

MAJOR(29)

 2018:09:17 16:37:46
★★★★★
★★★★★

「1点でも取られたら、海堂をやめる」と言い放つ吾郎、野球少年あるあるすぎてべたすぎますがはらはらしてしまういち読者。と、言いながら勝つんだよね?

MAJOR(28)

 2018:09:17 16:35:20
★★★★★
★★★★★

夢島を経験したら特待生より能力は上なんじゃないかと思うのですが(中学でたてだし)そこは特待生はやっぱり強い風に描かれています。

双星の陰陽師 9

 2018:09:16 15:52:29
★★★★★
★★★★★

紅緒は小夜の見極めの儀が原因なのか呪力がまったくなくなってしまい、陰陽師ではなくなってしまった。その為、紅緒は島へ行くことができなくなってしまった。これは意外な展開だった。

双星の陰陽師(8)

 2018:09:16 15:46:26
★★★★★
★★★★★

小夜を助けに向かったろくろ達。そこに二人の婆娑羅が立ちふさがる。婆娑羅が強すぎるので小夜が紅緒に気極めの儀を行うが、ろくろとは逆で悪者って感じの姿だったのは意外だった。

双星の陰陽師(7)

 2018:09:16 15:36:01
★★★★★
★★★★★

ろくろは見極めの儀で島行きが決まった。次は紅緒というところで試験官の小夜が婆娑羅につかまってしまう。士門とろくろと紅緒、そして繭良が救出に向かう。ついにに繭良の陰陽師デビュー!いきなりは厳しいだろ。

双星の陰陽師 6

 2018:09:16 15:27:56
★★★★★
★★★★★

高校生になったろくろ達。島へ行くためのテストが始まる。試験は戦って勝てばOKみたいな定番ではなく守護霊がついているかどうか。そして試験が始まった。斑鳩との闘い。以前のろくろより技が多く使えて面白かった。

NARUTO(46)

ゆずぽんず 2018:09:16 14:19:06
★★★★★
★★★★★

思わず「えっ!?」と声がでてしまいました。あのカカシ先生が?今ここで?という印象です。自来也といいカカシといい、師匠は亡くなっていくという流れなのでしょうか。次は誰なんだろう……。こういう周りの死によって、ナルトがさらに強くなるんですかね。

NARUTO(45)

ゆずぽんず 2018:09:16 14:08:15
★★★★★
★★★★★

自来也の死についてヘコみまくっていたナルトも、やや前に進んでこれたようです。また新たな力を身につけていますね。これでさらに強くなって、今度こそサスケと……でしょうか。ナルトがまた成長したような場面が多かったです。これも師匠の死の影響でしょうね。

NARUTO(44)

ゆずぽんず 2018:09:16 14:03:05
★★★★★
★★★★★

自来也が亡くなったと聞いた時のナルトの反応は、想像と違いました。なんというか、やはりまだナルトは子供ですね。幼さを感じるセリフが多かったです。とはいえ、信じないフリをしたり、言いたい放題というわけでもなかったので、彼なりに我慢はしたのでしょう。

NARUTO(43)

ゆずぽんず 2018:09:16 13:51:39
★★★★★
★★★★★

サスケとイタチについて、がっつり描かれていました。イタチ……思わず泣いてしまいました。ここにきてやっと真実を知る事ができました。あのイタチの笑顔、ずっと頭から離れません。サスケも決着がついたことですし、これでさらに物語は進展することでしょう。

MAJOR(27)

 2018:09:15 20:38:56
★★★★★
★★★★★

夢島脱出しました。しかしこの内容で夢島って、、。プロ野球選手に晴れてなれたら夢島だろうがなれなかったらただきついだけの島。望むものがあるって素晴らしい。

MAJOR(26)

 2018:09:15 20:36:42
★★★★★
★★★★★

野球ってここまでして練習するべきものなんかと思ってしまうのですが好きこそものの上手なれとはこのことか。きつそうにしか見えないけど楽しいんだろうな。

MAJOR(25)

 2018:09:15 20:34:16
★★★★★
★★★★★

名門高校受かってよかったね。つか勉強しないのかよ 笑
そんなに野球ばっかりなのかよ。とつっこみどころ満載なのですが日本のどこかにはこんな校風の学校があるのでしょうか。

MAJOR(24)

 2018:09:15 20:32:21
★★★★★
★★★★★

中学生にしてはしっかり自分がある子どもたち。受験の結果が出るまで生きた心地がしません。清水のゆれる女心も必見。

MAJOR(23)

 2018:09:15 20:29:27
★★★★★
★★★★★

野球とはまったく無縁の世界で生きている私ですがこんな受験があるんだなーと関心してしまいます。面白いです。

MAJOR(22)

 2018:09:15 20:27:04
★★★★★
★★★★★

名門・海堂高校野球部。なんで強くて実力があるチームって自信満々で嫌なヤツ風に描かれるのか。たいたいどのスポーツ漫画でもそうだなー

MAJOR(21)

 2018:09:15 20:25:00
★★★★★
★★★★★

たよりないイメージのコモリンですが意外と!?頼りになり縁の下の力持ち。ゴローととしくん、一応決着はつきましたがきっとずっとライバルなんだろうな。

MAJOR(20)

 2018:09:15 20:22:32
★★★★★
★★★★★

ゴローととしくんの熱い戦い。プロ野球と少年野球、やはり純粋さというかまっすぐさが全然違いますね。夢中になれるものがあるっていいなー

NARUTO(42)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:39:54
★★★★★
★★★★★

自来也-!と思わず叫んでしまいました。もうこの表紙が、また涙を誘いますね。ツナデのセリフからも、ちょっとフラグは立っていましたが、まさか自来也が……。ナルトのショックも大きいことでしょう。それほどペインが強かったということですね。

NARUTO(41)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:36:02
★★★★★
★★★★★

ナルトやサスケの登場シーンは少なめでした。その分、過去の回想シーンが多かったですね。ペインとの戦いもありましたが、正直ペインがめっちゃ強い。これ、どうやって勝てるんだ……?と思ってしまうほどでした。出てくる敵がどんどん強くなってますね。

NARUTO(40)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:32:32
★★★★★
★★★★★

デイダラの独特な戦い方が好きです。なんというか、美しい。本人の言うとおり、芸術性を感じさせる描写が多くていいですね。キャラクターも憎めない感じがして、気に入りました。強いのに明るい性格で、見ていて飽きません。

NARUTO(39)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:29:42
★★★★★
★★★★★

サスケの話がメインで進んでいきます。オロチマルの件が片付いた~と思ったのもつかの間、また次の展開に。もう本当にサスケのことは忘れた方がいいのでは……と思う気持ちもありますが、ナルトの気持ちは全くぶれません。むしろ強くなっているような。

NARUTO(38)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:22:49
★★★★★
★★★★★

長い修業の成果が発揮されていました!今までの戦いよりも、見ごたえがあったように思います。新技もかっこいいじゃないですか!これからもこの技は出てくるのでしょうかね。やはりまだサスケサスケ言ってますが、このへんが嫌いな人はもやっとしちゃうかもしれません。

NARUTO(37)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:19:55
★★★★★
★★★★★

長い間修行を続けるナルト。まだやってたのか!とも感じてしまいますが、これでかなり強くなったのでしょう。今までの戦いで、自分のことを「弱ぇ」と言っていたナルト。あれは、めちゃめちゃ強くなるアピールだったのではないでしょうかね。今後の修行の成果に期待です!

NARUTO(36)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:17:41
★★★★★
★★★★★

シカマルやアスマたちの戦いが見れました。今までずっとナルト達ばかりだったので、新鮮な気分で読めてよかったです!アスマの件は衝撃でしたね。全く想像していませんでした。突然やってくる死についても、忍の世界ならよくあることなのでしょう。

NARUTO(35)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:12:22
★★★★★
★★★★★

このあたりから、意見が分かれてくるのではないでしょうか。「サスケはもういいって!」派と、「サスケはどうなるんだろう、ワクワク!」派。前者なら、この頃あたりはじれったく感じるでしょうね。まさかサスケ奪回に関して、ここまで長くなるとは思っていませんでした。

NARUTO(34)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:08:40
★★★★★
★★★★★

サイが持っていた、手書きの本について明らかになっていきました。サイの気持ちがすこし掴めたような気がします。メインのストーリーは、少し停滞気味に感じますね。もっとトントンと進んで行ったらいいなと思います。修行の成果が発揮できる場面が出てくるといいのですが。

NARUTO(33)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:05:02
★★★★★
★★★★★

サイに関して、いまひとつハッキリしない部分が多いです。一応仲間ということで話が進んでいるのですが、「本当にこいつはいい奴なのか?」「裏で何かやりとりしてるんじゃないの?」と疑いながら読んでしまっていました。サイの表情も、なーんかひっかかるんですよね。

NARUTO(32)

ゆずぽんず 2018:09:15 14:00:32
★★★★★
★★★★★

チヨバアのお墓のシーンには、しんみりしました。自らが望んだ結果とはいえ、やはり寂しい。あと、なんといってもガアラの握手のシーン!いつの間にこんな紳士的になったんだ!?と驚きました。あまり多くは語らない彼ですが、ナルトに対してはかなり信頼しているようですね。

NARUTO(31)

ゆずぽんず 2018:09:15 13:57:20
★★★★★
★★★★★

チヨバアさん、意外とやるなあ!おばあちゃんの戦いなんて……とあまり読む意欲が湧かなかったのですが、気が付くとのめり込んでいました。サクラも頑張ってはいますが、まだまだですね。力の差ははっきり表われていました。今回に関しては、ほとんどチヨバアの功績といってもいいのではないでしょうか。

NARUTO(30)

ゆずぽんず 2018:09:15 13:52:28
★★★★★
★★★★★

ガアラのとんでもない姿にびっくり!ガアラファンが見たら、ちょっとショッキングかもしれません。ガアラに対して必死になるナルトの姿。「いい仲間ができて良かったねぇ」と、思わずガアラの母親になったような気持ちにさせられました。無事に戻ってこれるといいけど……。

フルーツバスケット(第23巻)

ゆずぽんず 2018:09:15 13:47:20
★★★★★
★★★★★

ついに最終巻。すべての呪いが解けましたね。フルーツバスケットが始まったばかりの頃は、まさかこんなディープな内容になるとは思っていませんでした。とはいえ、やはり少女漫画。これでもか!というほど、カップルが成立していきました。由季は、まさか生徒会のやつと……という気持ちはありますが、まぁみんな幸せになってよかったです!

フルーツバスケット(第22巻)

ゆずぽんず 2018:09:15 13:42:48
★★★★★
★★★★★

夾が、少しずつ自分の気持ちに向き合い、一歩ずつ進んでいきます。お父さん、かなり険しい方ですね。実の息子に対して、まるで他人……いやそれ以上に冷たい態度をとり続けます。目の前でこんな態度を取られたら、もう二度と会いたくなくなるのではと思いますが、夾は強いです。透がそうさせてくれたのでしょうね。

フルーツバスケット(第21巻)

ゆずぽんず 2018:09:15 13:38:06
★★★★★
★★★★★

ずっと「夾は過去に透の母親となにかあったのでは?」と匂わせる場面がありましたが、ようやく明らかになりました。かるくトラウマものになりそうな内容……そりゃ何年も引きずっちゃいますね。それにしても、その事故にまつわる当事者たちが、うまいこと同じ学校に集結していたなと思ってしまいます(笑)

双星の陰陽師(5)

 2018:09:13 20:14:35
★★★★★
★★★★★

悠斗との闘いの最中にろくろが何かよく分からないが覚醒する。しかしその覚醒についてはまだ説明は書かれていない。気になるところだが、ろくろは何かの生き残りらしく、それも詳しく書かれていない。気になるところが多すぎ。

双星の陰陽師(4)

 2018:09:12 20:46:39
★★★★★
★★★★★

ついに悠斗と対決!特訓の成果を発揮し挑むが、悠斗の強さは半端ない。闘い中、紅緒を両足を失ってしまうがバサラの出現によりケガレの足を手に入れる。悠斗強すぎ。もう少し対等の戦いをしてほしかった。

NARUTO(13)

たなから水あめ 2018:09:12 19:00:10
★★★★★
★★★★★

この巻はサスケvs我愛羅の試合が描かれている回がある巻だ。遅れてやってきたサスケだったが千鳥の初お披露目があったりと色々とすごい回だった。そしてこの巻でようやく中忍試験が終わり物語が進んでいく。めまぐるしい展開が今後待っているかと思うと楽しみだ。

NARUTO(12)

たなから水あめ 2018:09:11 21:00:33
★★★★★
★★★★★

この巻でついにナルトは正気を保ったまま九尾のチャクラを呼び出すことに成功した回の話がある巻だ。ついに九尾のチャクラをここまで長かったような気がするがコミックだとあっさりでもある。懐かしい。ナルトの成長ぶりをみるのは楽しい。

双星の陰陽師(3)

 2018:09:11 20:30:47
★★★★★
★★★★★

この巻でろくろの過去が明らかになる。けがれ堕ちした友達を助けるために倒すしかなかった。そしてその実行犯が紅緒の兄、悠斗。その悠斗が姿を現した。悲しい運命の続きって感じかな。

人気ユーザーランキング

ゆずぽんず

265件

少女漫画も少年漫画も、幅広く読みます!....

名無し

189件

....

mahoho

166件

宜しくお願いします!....

マホーン

152件

好きな漫画、読んだ漫画についてつぶやいていきます!宜しくお願いいた....

たなから水あめ

132件

宜しくお願いします。コメントテストです。....

人気漫画ランキング

ジャガーン 1

金城 宗幸/にしだ けんすけ

君に届け(1)

椎名軽穂

アイアムアヒーロー(9)

花沢健吾

闇金ウシジマくん(20)

真鍋昌平

バガボンド 37

吉川英治

キーワードから探す

少年マンガ (175) 青年マンガ (177) ギャグマンガ (9) 少女マンガ (60) バトル (63) ミステリー/ホラー (32) ビジネス (29) スポーツ (149) 歴史 (39) その他 (35)

著者から探す

赤松 健 (2) 鈴木ジュリエッタ (2) 諫山 創 (1) おりもとみまな (1) 加賀やっこ (2) 小学館 (2) 高野 ひと深 (2) 山本英夫 (1) フジカワユカ/理不尽な孫の手 (4) 上原 求/新井 和也 (1) 鈴ノ木ユウ (14) みもり/香月日輪 (1) 白石ユキ (4) 藤原ここあ (11) おげれつたなか (3) オザキ アキラ (5) 三条陸/稲田浩司 (1) 水野十子 (2) 花田陵 (7) ひぐち アサ (2)