ComicSheep

コミックシープ - 漫画レビューの紹介コミュニティ

ログイン ユーザー登録

ゆずぽんず

レビュー数

265件

少女漫画も少年漫画も、幅広く読みます!

ゆずぽんずさんが投稿したレビュー/つぶやき

暗殺教室(1)

ゆずぽんず     2018:07:22 15:11:27

表紙につられて読んだのが始まりでした。表紙そのまんまの人物が主人公。「えっ主役コイツなん?」というのが第一印象でした。 ちょっと問題児キャラのカルマに、愛情ある指導をするストーリーでは、「あ、コイツいいやつなんだ」と理解できました。ちょこちょこ笑えるシーンがあるので、堅苦しくならずスラスラ読めます。

暗殺教室(2)

ゆずぽんず     2018:07:22 15:18:15

テストで難問に挑むシーンを、こんなにも多彩な表現で描けるのだなと驚きました。そしてなにより、理事長の圧倒的な統制力。無表情なところが、より怖さを感じさせます。

暗殺教室(3)

ゆずぽんず     2018:07:22 15:23:56

暗殺教室では、悪者が「やられておしまい」ではありません。そこが魅力のひとつだなと感じます。3巻は、修学旅行の後半戦からスタート。もちろん敵となる人物とのやりとりがあるのですが、やはりここでも暗殺教室らしい「敵の終わりかた」が。最後まで安心して読めます。

暗殺教室(4)

ゆずぽんず     2018:07:22 15:26:20

前半では、イリーナと烏間先生との絡みが多め。その中で「あれ、もしかしてこの2人いいかんじ?」とドキドキさせてくれます。厳しいキャラの烏間先生ですが、厳しいだけではないのだなと感じさせる場面も。

暗殺教室(5)

ゆずぽんず     2018:07:22 15:28:27

野球で戦うことになった相手が、どんどん必死になっていく様子の表現が見事です。そして、渚くんの隠れた才能がちらり。息を飲むようなシーンに見入ってしまいました。今後の渚くんの成長が気になります!

暗殺教室(6)

ゆずぽんず     2018:07:22 15:33:13

殺せんせーの大きな弱点が判明。暗殺への一歩を踏み出したように感じました。そして、クラスメイトの中から初めての裏切りが。読んでいる間はついつい忘れがちですが、この子たちは中学生。そりゃ色々あるよなと良い意味でしんみりさせられました。

暗殺教室(7)

ゆずぽんず     2018:07:22 15:36:16

6巻で知り得た殺せんせーの弱点を、狙いに狙いまくった7巻。今までにない規模の暗殺計画が繰り広げられました。「それ、ありなの!?」と感じさせられる部分もありましたが、そこを含めて楽しめました。

暗殺教室(8)

ゆずぽんず     2018:07:22 15:38:45

イリーナ先生、烏間先生を「改めてすげぇ!」と感じた8巻でした。先生たち以外にも、生徒たちのスキルの高さには驚きます。そして、みんながクラスメイト同士思いやる一面も。みんな個性的な才能のオンパレードでした!

暗殺教室(9)

ゆずぽんず     2018:07:22 15:41:35

少し前にチラッと垣間見えた、渚の恐るべき才能が発揮!決してパワーがある訳ではない渚が、かっこよく見えちゃいました。そしてなにより、気になるイリーナ先生と烏間先生も、ちょっと前進!もどかしさもありますが、読んでいてニヤニヤしました。

暗殺教室(10)

ゆずぽんず     2018:07:22 15:46:40

さまざまなストーリーが詰まった10巻。私は、中でもケイドロの回がお気に入りです。ただのケイドロも、やはり暗殺教室ではひと味もふた味も違います。生徒の成長も見えつつ、しっかりギャグ要素も満載。

暗殺教室(11)

ゆずぽんず     2018:07:26 01:21:42

クラスの全員のキャラクターがある程度分かってきたところで投入された、コードネーム回。どの名前もネーミングセンスが輝きまくっていました。 メインとなる体育祭は、とにかく浅野君がかっこいい。ライバルではありますが、彼の魅力が存分に発揮された場面が多かったです。

暗殺教室(12)

ゆずぽんず     2018:07:26 01:29:24

ついに、死神の登場です。なんだか「暗殺教室」らしくなってきました。圧倒的な強さに、正直「もう勝てる要素がないのでは」と思ってしまうくらいでした。そんな死神にどう立ち向かうのか……次巻が気になります!

暗殺教室(13)

ゆずぽんず     2018:07:26 01:33:22

死神vs烏間先生!烏間先生、やっぱり強いです。そして闘いだけでなく、セリフもカッコいい。男の中の男というかんじです。普段はスーツなのですが、中身はこんなことになってるなんて……!!烏間先生ファン必見です。

暗殺教室(14)

ゆずぽんず     2018:07:26 01:40:02

以前の回にもありましたが、テスト問題と戦う様子が暗殺教室独特の表現で描かれています。ほかの漫画ではなかなかない、ユニークな描き方に面白みを感じました。作者の遊び心がでていますね。

暗殺教室(15)

ゆずぽんず     2018:07:26 01:53:49

話がどんどんと進んでいきます。テンポが良いですね!今まで散らばっていた伏線が、あれよあれよと回収されていきます。というか、伏線と分からなかった部分まで。それほど細かいところまで、こだわって描かれているのだなと感心するほどです。

暗殺教室(16)

ゆずぽんず     2018:07:26 01:57:51

殺せんせーの過去編。いつか過去編がくるだろうなとは思っていましたが、内容は良い意味で想像と全く違いました。そんなことがあったのか、そこに繋がっていたのかと、驚きや納得が連続の巻です。

暗殺教室(17)

ゆずぽんず     2018:07:26 02:03:00

殺せんせーを殺す、殺さない。深くて切ないテーマの巻でした。どちらの意見のチームが勝ったのかは、読んでからのお楽しみということで。渚くんとカルマくん、2人がイキイキと戦うシーンがお気に入りです!

暗殺教室 18

ゆずぽんず     2018:07:26 02:06:09

季節はバレンタイン。今まであまり触れられてこなかった、恋愛のストーリーが含まれています。待ちに待っていた方も多いのでは。予想通りのカップルもいれば、驚きの組み合わせも!ずっとニヤニヤして読んでいました。

暗殺教室(19)

ゆずぽんず     2018:07:26 02:22:15

いよいよ、卒業の雰囲気が強くなってきました。ちょっと切ないですね。この一年で強くなった生徒が、今までにない規模のフィールドで力を発揮!私が育てた訳でもないのに、なんだか誇らしい気分になりました。

暗殺教室(20)

ゆずぽんず     2018:07:26 02:25:17

涙なしでは、最後まで読めません。本当に綺麗な終わり方。見事です。烏間先生が殺せんせーに向けた最後の言葉が、シンプルなのにとても深い。先生なりの愛情表現だったのでしょうね。

暗殺教室(21)

ゆずぽんず     2018:07:26 02:28:00

卒業後のストーリーに加え、番外編も入っていました。正直、ちょっと番外編が多いような気も…。もっと卒業後の様子が知りたいです。 番外編も、暗殺教室本編と同じくギャグ要素もあり、しっかり笑わせてくれました!

卒業アルバムの時間

ゆずぽんず     2018:07:26 02:31:43

書き下ろし漫画では、気になるキャラクター達の現在の様子が!烏間先生とイリーナ先生は、ちゃんと夫婦になっていました。ホッと一安心です。書き下ろし漫画はそれぞれ2ページという短さですが、そこにぎゅっと内容が詰まっています。

ちびまる子ちゃんのことわざ教室

ゆずぽんず     2018:07:26 14:39:03

ちびまる子ちゃん目当てで読みましたが、いつの間にかことわざが覚えられました。原作より、少し可愛らしいタッチで描かれています。1つのことわざにつき、1ページというレイアウトなので、ちょっとした空き時間にも読むことができて便利な一冊。

カードキャプターさくら クリアカード編(1)

ゆずぽんず     2018:07:26 14:45:21

カードキャプターさくらの新章が出ると聞いて、待ちに待っていました。小学生の制服も可愛かったのですが、今回の中学生バージョンも最高です!少し大人っぽくて、やっぱりオシャレ。さすがCLAMPさんです!

カードキャプターさくら クリアカード編(2)

ゆずぽんず     2018:07:26 14:48:19

謎めいた発言や場面が、いくつも登場します。前のカードキャプターさくらと同様ですね。ちょっとハッキリしないところが多すぎる印象もありますが、そこも含めて続きが気になるところ。

カードキャプターさくら クリアカード編(3)

ゆずぽんず     2018:07:26 14:51:55

まだ謎だらけなストーリー。ちょっとずつヒントは出てきていますが、未だにハッキリしません。もどかしさを感じながらも、さくら達のまったりとした世界を楽しませてもらいました。それにしても、みんな品のあるキャラクターばかりだなぁ〜

カードキャプターさくら クリアカード編(4)

ゆずぽんず     2018:07:26 14:55:48

話がぐっと進展しました。前作のカードキャプターさくらのように、さくら本人はあまり真実を知らないというパターンですね。そのおかげで、読んでいる側も主人公目線で追いかけることができます。前から気になっていたモモにも、新たな展開アリです!

黒崎くんの言いなりになんてならない(1)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:01:05

表紙のイケメンに釣られて手に取りました。黒髪、高身長、クール、イケメン。完璧な要素を取り揃えています!目の保養になります。あ、黒髪派ではない方も大丈夫、金髪イケメンもいます!笑

黒崎くんの言いなりになんてならない(2)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:04:18

黒崎くんの容赦ないドSが、もはや清々しいです。ドSキャラは他の漫画で今までにも見たことがありますが、黒崎くんは群を抜いているのでは。でも、イライラするようなドSではなく、黒崎くんは不思議とキュンキュンするんですよね。

小説 黒崎くんの言いなりになんてならない(3)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:07:23

白王子と、まさかのお付き合いが!えっそっちなの!?と思った方も多いのでは。私もその1人です。そんな展開に対する、黒崎くんの態度が乙女心をくすぐります。もう終始ドキドキしっぱなしでした。

黒崎くんの言いなりになんてならない(4)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:10:00

白王子のことを、より一層知ることができた巻でした。知れば知るほど、どんどん謎が深まるのですが…。白王子派の人は、きっと4巻を何度も読み返すこととなるのでは。

黒崎くんの言いなりになんてならない(5)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:13:49

いろんなイベントが目白押しの巻。どのストーリーも、定番のものが多いので、「こうなるんだろうな〜。あ、やっぱり」と感じることもしばしば。それなのに、飽きることなくキュンキュンできるがこの漫画の魅力。

黒崎くんの言いなりになんてならない(6)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:22:55

さりげない優しさを見せる黒崎くんが、もうじれったくてたまりません。いいなぁ主人公…。2人の関係は、また一歩進みました!お互いの気持ちが少しずつ明るみに出てきましたね。このまま進んでいってほしいところです。

黒崎くんの言いなりになんてならない(7)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:26:37

いつかは来るだろうと思われていた、芽衣子の登場です。内心「くっそー!2人の邪魔するなよ!」と思いつつも、何だかんだ最後まで楽しめました。少女漫画にありがちな嫌な女、という訳ではないので、穏やかな気持ちで読めました。

黒崎くんの言いなりになんてならない(8)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:30:34

前半は過去の話がメイン。話の展開を期待している人は、ちょっともどかしいかもしれません。でも後半は、しっかりキュンキュン要素が詰まってるのでご安心を。黒崎くんの気持ちも、新たに少しだけ知ることができました。

黒崎くんの言いなりになんてならない(9)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:39:07

雪山での出来事は、ちょっとありがちな印象も感じました。基本は無表情の黒崎くんが、主人公に対しては人一倍心配したり、違う態度をとったり。そんなところがたまりません!

黒崎くんの言いなりになんてならない(10)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:42:17

ついに!ついに2人がカップルに!この時をどれだけ待っていただろう。でも、恋人になったからといって、黒崎くんの性格は変わらず。不器用なのか、本当にまだ好きではないのか…つい色々と想像しちゃいます。

黒崎くんの言いなりになんてならない(11)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:45:02

今まで以上に、2人の距離が近いように感じられました。ちょっと近すぎるのでは!?とこちらがドキドキさせられるようなシーンまで。やはりカップルになったからか、黒崎くんの態度も少し優しくなったような気がします。

黒崎くんの言いなりになんてならない(12)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:47:43

前巻で少しだけ優しくなった黒崎くん。今回もやはり優しい場面がちらほら。やっぱり主人公のことが、次第に好きになったのでしょうか…。謎だらけだった黒崎くんの気持ちが、やんわりと掴めるようになってきました!

センセイ君主(1)

ゆずぽんず     2018:07:26 15:55:58

ちょっぴりおバカだけど、まっすぐな主人公が気にいりました。嫌味な要素がなく、自然と主人公を応援したくなります。タイトル通り、先生との恋愛のお話です。ギャグ要素もかなり詰まってます!

センセイ君主(2)

ゆずぽんず     2018:08:06 14:58:43

さまるんの性格が明るくて、嫌味のないセリフばかりで気持ちよく読めました。先生は相変わらず、上からの態度を貫いていましたねー!自信ありげな感じがします。よくあるようなツンデレではなく、かなりのツンツン。でもかっこいいから良し!

センセイ君主(3)

ゆずぽんず     2018:08:06 15:02:16

虎竹くんの存在が気になり始めました。どのキャラクターも、いい意味で個性が強いですね!こんな高校生活を送りたかったなぁとしみじみします。センセイとの距離は、ちょっとずつ近くなってきたように思います!さまるん、あとひと押しだ!

センセイ君主(4)

ゆずぽんず     2018:08:06 15:06:51

ま、まさかまさかの同棲!お付き合いして、デートをこっそりと楽しむようになるのかと思っていたので、予想外でした。ちょっと現実離れした展開にびっくりですが、あくまでも漫画なのでご愛嬌と言うことで。今回も、虎竹くんがうまく絡んだストーリーでした。

センセイ君主(5)

ゆずぽんず     2018:08:06 15:13:16

前巻からの引き続きで、館くんがどんどん本性を表してきましたね。先生と生徒の恋愛には、つきものの「2人の関係がバレちゃった」系の回です。さまるんが館くんから逃げようとしたり、立ち向かう様子が可愛くてたまりません。

センセイ君主(6)

ゆずぽんず     2018:08:06 15:19:53

さまるんを想い続ける虎竹くん、本当にかわいいです!なんだかんだで、さまるんに協力してあげる優しさも素敵です。さて、今回はまたまた気になる人物が登場。先生だって、そりゃあ過去にも恋愛してるよなぁとは思いつつ、さまるんが心配になっちゃいました。

センセイ君主 7

ゆずぽんず     2018:08:06 15:26:27

今回も、先生のためにあれこれ努力するさまるん。健気に頑張っている姿をみて、一緒に応援したくなります。先生のさまるんに対する気持ちも、どんどん出してきていますね!普段ツンツンしている分、より一層キュンときます!

センセイ君主(8)

ゆずぽんず     2018:08:06 15:32:27

虎竹くんが、一気に動き出しましたね!それと共に、センセイもさまるんに対して動き出します。こんなに想われているなんて、さまるん幸せ者だなぁ……、無表情ながらに、心の中ではさまるんのことばかり考えている先生が魅力の巻でした!

センセイ君主(9)

ゆずぽんず     2018:08:06 15:39:55

新キャラの石原さん、なかなかキョーレツな性格の持ち主でしたねー。そんな石原さんに対しても、いやな態度ひとつとらない普段通りのさまるんは、やっぱり素敵です。なんだか、友情について考えさせられました。

センセイ君主 10

ゆずぽんず     2018:08:06 15:48:54

先生の態度がいつもと違っていたので、さまるんと同じく、読んでいてソワソワさせられちゃいました。いつも何を考えているのか掴みにくい先生ですが、今回はいつも以上に謎に包まれていましたね!

センセイ君主 11

ゆずぽんず     2018:08:06 15:55:54

フランスに行く、行かないでモヤモヤしている状態からのスタート。お互い相手のことを考えている様子が伺えました。読んでいても、「やっぱり行ってほしくないなぁ」と思ってしまいました。先生も、だいぶさまるんを優先してくれるようになりましたね!

センセイ君主 12

ゆずぽんず     2018:08:12 00:09:25

個人的に、チャーリーパピコのキャラがツボでした!あんな話し方をするとは。そして、もう当たり前のようにヤキモチやら心配をしてくれる先生。すっかり、さまるんのとりこですねー。見ていてニヤニヤしちゃいました。

センセイ君主 13

ゆずぽんず     2018:08:12 00:41:50

ついに最終回。これでもかっていうくらい、幸せなムードが漂っていました。文句なしの最終巻だったと思います!初めの頃とは比べ物にならないくらい、優しくて素敵な先生でした。最後まで笑えたし、満足です!

チーズスイートホーム(volume1)

ゆずぽんず     2018:08:12 00:45:54

猫が大好きなので、表紙につられて購入しました。頭でっかちな子猫の「ちー」が、とにかく可愛い!読むだけで癒される一冊です。猫好きの方はもちろん、そうではない方も、読むときっと猫が好きになると思いますよ!

チーズスイートホーム(volume2)

ゆずぽんず     2018:08:12 00:49:20

子猫ならではの、冒険心たっぷりのストーリーでした。うちの猫が、子猫だったころを思い出します。「こんなイタズラばかりしてたなぁ」としみじみ。カラーなので、きれいな見た目なところも良いですね!

チーズスイートホーム(volume3)

ゆずぽんず     2018:08:12 00:52:28

可愛くてほんわかしたストーリー中心でしたが、今回はちょっと涙ありの巻でしたね。思わずウルウルさせられちゃいました。猫の世界にも、いろいろあるんだなぁと考えさせられます。

チーズスイートホーム(4)

ゆずぽんず     2018:08:12 00:56:29

今まで「なんでこんなタイトルなんだろう?」と不思議に思っていましたが、今回の巻で「なるほど、そういうことか」と納得しました。猫目線でも、人間目線でも楽しむことができる作品ですね。

チーズスイートホーム(volume5)

ゆずぽんず     2018:08:12 00:59:51

天真爛漫なちーも、少しずつ色んなことに触れて、学んで、知ってきたのだなと思う場面がちらほら。でも、やっぱりちーの元気いっぱいな性格はそのままですね。いろんな顔をするようにもなり、ますます可愛さが増しています!

チーズスイートホーム(volume6)

ゆずぽんず     2018:08:13 21:53:51

またチーに新しいお友達が。ちょうどいいペースで素敵なお友達が増えていくので、飽きずに猫ちゃんたちの世界を楽しめています。今回も元気が有り余ってるチーでした!

チーズスイートホーム(volume7)

ゆずぽんず     2018:08:13 21:59:18

チーはもちろんのこと、コッチもまた可愛いです!迷子になり、どうなることかと思いましたが…チーはその迷子の状況も満喫しているようでした。その天真爛漫なチーに、今回も癒されました〜!

チーズスイートホーム(volume8)

ゆずぽんず     2018:08:13 22:02:41

犬や猫を飼った経験のある方なら、どこかで聞いたことのあるエリザベスカラー。チーの反応は、いい意味で予想通りでした!さまざまな冒険をしたりと、チーの行動範囲がまた広がりましたね。

チーズスイートホーム(volume9)

ゆずぽんず     2018:08:13 22:07:53

コッチとチーのやりとりが、なんとも微笑ましい。どことなく、2人とも少しだけ成長してきたような印象を受けました。いつまでも子猫のようなかわいさは残っていますが、中身がしっかりしてきていますね。

チーズスイートホーム(volume10)

ゆずぽんず     2018:08:13 22:22:46

もしかすると、チーの元の飼い主さんかも…という、いつかは来てしまいそうだった展開に。お父さんとお母さんの気持ちがよくわかるなぁ…としんみりしました。

チーズスイートホーム(volume11)

ゆずぽんず     2018:08:14 21:58:14

いつも、ほんわかしたムードが溢れるチーズスイートホームですが、今回はしんみりするシーンがちらほら。この先どうなるのか、展開が気になるところです。

チーズスイートホーム(volume12)

ゆずぽんず     2018:08:14 22:01:29

最終巻は、気がつけば涙で目がウルウルしていました。1巻から読んだ私からすると、涙なしでは読めない一冊です。最初の頃の、のほほん系とは想像ができないほど、感動させられちゃいました。

オオカミ少女と黒王子(1)

ゆずぽんず     2018:08:14 22:13:02

王子様タイプが好きな方は、必読の一冊だと思います!主人公の女の子に、たまにモヤっとすることはあるものの、とりあえずイケメンに癒されることは間違いないのでは。

オオカミ少女と黒王子(2)

ゆずぽんず     2018:08:14 22:17:11

佐田くんの強気なセリフに、キャーキャー言いながら読みました。佐田くんだからこそ言えるセリフですね。相変わらずのドSです。あと、表紙がこれまたカッコいい!知的な佐田くんもいいなぁ。

オオカミ少女と黒王子(3)

ゆずぽんず     2018:08:14 22:20:00

「あ、こいつ当て馬だな」と思わせる人物が出てきましたね。佐田くんが、ちょっとだけ優しさを見せてくれました!いつもはあんな態度なのに…そのギャップが、また良し!

オオカミ少女と黒王子(4)

ゆずぽんず     2018:08:14 22:23:29

あまり想像していなかった展開になってきました!予想外でしたが、ワクワクさせられました。今までとは違った、佐田くんの一面を見ることができて満足です!

オオカミ少女と黒王子(5)

ゆずぽんず     2018:08:14 22:26:39

佐田くんのいろんな一面を、前巻に引き続きどんどん見ることができました。ドSな佐田くんじゃないとダメ!という方には、ちょっと物足りないと感じてしまうかもしれません。

オオカミ少女と黒王子(6)

ゆずぽんず     2018:08:14 22:30:58

気がつけば、すっかりお互い両思いになっていますね。佐田くんも、エリカちゃんにメロメロなのでは…。とはいえ、まだSな部分もちゃんと残っていますのでご安心を!甘さと辛さ、ちょうどいいバランスに感じます。

オオカミ少女と黒王子(7)

ゆずぽんず     2018:08:16 23:05:46

新たに登場したレナちゃん。「こら!黒王子のこと好きになるなよ!」と念を送りながら読んでいました。…が、やはり黒王子のことが気になる様子ですね。黒王子がうまくフォローしてくれると良いのですが。

オオカミ少女と黒王子(8)

ゆずぽんず     2018:08:16 23:07:34

前に登場したレナちゃんの件が、ようやくひと段落したようです。なんだか、以前より黒王子がだいぶ優しくなってきていませんか!?なんだかんだ、ラブラブになっているんでしょうね。

オオカミ少女と黒王子(9)

ゆずぽんず     2018:08:16 23:10:52

今回の佐田くんも、黒王子っぽさは少なめでしたね。でも、かっこよさはバッチリです!あぁ、佐田くんはエリカちゃんのこと好きなんだなーと思わせる場面も増えてきました。

オオカミ少女と黒王子(10)

ゆずぽんず     2018:08:16 23:12:51

もはや黒王子だった頃のイメージはなくなってしまったほど、優しい素敵な彼氏になってきたように感じます。エリカちゃんが、そこまで佐田くんを本気にさせたってことですね!

オオカミ少女と黒王子(11)

ゆずぽんず     2018:08:16 23:15:32

エリカちゃんの行動に「ちょっと勝手だなぁ…」と感じてしまうシーンが所々にありました。また新たなキャラも登場してきましたね!他の漫画と比べて、新キャラの登場が多いように思います。

オオカミ少女と黒王子(12)

ゆずぽんず     2018:08:16 23:18:18

寺崎くんの態度の変わりっぷりに「ええぇ!!?」とビックリ!まさか、そんな人だったとは…。2人の距離は、すっかりイイ恋人同士って感じですね!

オオカミ少女と黒王子(13)

ゆずぽんず     2018:08:16 23:21:18

ちょうどいいところで…という、もどかしさを感じながら読みました。あくまでも、健全なお付き合いのまま進むのでしょうか。もうちょっとドキドキさせてほしいなーと思ったり。

オオカミ少女と黒王子(14)

ゆずぽんず     2018:08:16 23:23:50

高校生によくある、エリカちゃんの進路の話などがメインでした。今回は、恋愛面がわりと少なかったように思います。2人の関係が安定している証拠なのでしょうかね。

オオカミ少女と黒王子(15)

ゆずぽんず     2018:08:16 23:26:51

佐田くんのかっこよさが爆発してました!セリフといい、行動といい、本当にキュンキュンです!エリカちゃんのことを本気で好きだからこそ、でてくる言葉がたくさんありました。

オオカミ少女と黒王子(16)

ゆずぽんず     2018:08:16 23:29:55

ついに最終巻。卒業してからの内容も、しっかり描かれていました!ハッピーエンドで、心が温まりました。あと、表紙の佐田くんの笑顔が眩しすぎますね。

NARUTO(1)

ゆずぽんず     2018:08:17 15:20:43

今後のナルト達に比べると、とても幼く見えるキャラクター達。サクラも、まだ子供だなぁと驚かされます。ナルトには、思わず感情移入してしまうほど不運な環境ですね。

NARUTO(2)

ゆずぽんず     2018:08:17 15:23:56

この2巻で、カカシ先生にハマる人もいるのではないでしょうか。それぐらい、カカシ先生のキャラクターがいい味だしてます。忍びの世界において、こういうことが大切なのか…と教えてくれました。

NARUTO(3)

ゆずぽんず     2018:08:17 15:32:18

この頃から「ナルトってストーリーめっちゃ良いな」と感じさせられました。敵となる人物にも、しっかりとストーリーがあるんですよね。敵を倒した!めでたし!で終わらないところが、なんとも素敵です。

NARUTO(4)

ゆずぽんず     2018:08:17 17:58:51

ザブザのシーンは、思わず涙ぐんでしまいました。いかにもお涙ちょうだいの感じはなく、自然と受け入れられるようなストーリーが良いですね。ナルトとサスケも、新たな一面が見れました。

NARUTO(5)

ゆずぽんず     2018:08:17 18:10:01

いよいよ、中忍試験に入りましたね!ただのありがちな筆記試験かと思いきや、想像以上に奥深くておもしろさを感じました。様々なキャラクターの特徴がちらほら出てきました。

NARUTO(6)

ゆずぽんず     2018:08:17 18:16:38

どんどん中忍試験が進む中で、やはりサスケの力は目立ちますね!何をしてもカッコいい!ナルトは、まだサスケほど目立ったところはないように思いました。サクラも、まだサスケラブな幼いままですね。

NARUTO(7)

ゆずぽんず     2018:08:17 18:23:55

冒頭にでてくる、見開きのサスケ登場シーンが印象的です!サクラの立場だったら、もうサスケにメロメロになることでしょう。どの木の葉の班も、仲間意識があって良いですね。

NARUTO(8)

ゆずぽんず     2018:08:17 18:54:09

木の葉の上忍たちは、部下たちのことを大切にしてくれているんだなぁと感じる場面がいくつかありました。人情にあふれる里だなぁとしみじみ。サスケはどうなるのか、今後の展開が気になりますね。

NARUTO(9)

ゆずぽんず     2018:08:17 18:58:09

二次試験がどんどん進んでいきます。てんてんとテマリの試合が、ほぼ一瞬で終わってしまいました。できれば、もう少し戦いの様子を詳しくみてみたかったですね。

NARUTO(10)

ゆずぽんず     2018:08:17 19:05:27

リーと我愛羅の戦いは、一瞬も目が離せませんでした。まさかリーがかっこよく目に映る時がくるなんて。体術だけとはいえ、リーの戦い方は一貫していて、つい見入ってしまいます。

NARUTO(11)

ゆずぽんず     2018:08:17 19:11:16

我愛羅の本性が、じわじわと垣間見れました。いつも不気味な雰囲気ですが、そこがまた魅力的です。とてつもなく強いのか、ただ殺意に満ちているだけなのか…謎は深まります。

NARUTO(12)

ゆずぽんず     2018:08:17 19:20:41

日向ネジの知られざる一面を知れました。戦いだけをただ描くのではなく、その人物の気持ちや過去も照らし合わされているところが良いですね。もっと他のキャラクターについても知りたくなりました。

NARUTO(13)

ゆずぽんず     2018:08:17 19:30:35

我愛羅vsサスケ!待ち遠しかった人も多いのでは。しかし、戦いは想像していたものと違っていました。我愛羅になにかが起こる予感、というようなシーンが目立ちましたね。

NARUTO(14)

ゆずぽんず     2018:08:17 19:33:24

シカマルがめちゃめちゃ男らしく見えました!やるときはやるヤツなんですね。なんとなくヤル気がなさそうにしているところも、またギャップがあってイイ!

NARUTO(15)

ゆずぽんず     2018:08:17 19:38:09

我愛羅の謎に包まれていた部分が、明らかになりました。正直、最初は「なんじゃこら…私の知ってる我愛羅じゃない…」と衝撃を受けました。我愛羅の正気が戻ってくれたらいいのですが…

NARUTO(16)

ゆずぽんず     2018:08:17 19:40:52

ただの中忍試験だったはずが、何やら気がつけば大ごとになってきましたね。我愛羅の件も、ようやく落ち着いたのでしょうか。ナルトが他の人に与える影響は、本当に大きいですね。

NARUTO(17)

ゆずぽんず     2018:08:17 19:43:42

ちょこちょこ口に出していた、サスケの過去の出来事を知ることができました。なかなかの黒い過去でした…。そりゃあ恨み続けるわ…と一人で納得しながら読んでいました。

NARUTO(18)

ゆずぽんず     2018:08:17 19:50:10

綱手が醸し出す、乙女な感じがたまりません。忍びの中でも、やはり恋愛のようなものはあるんだなと今更ながらに再認識しました。切ない過去を知り、こちらまでしんみりさせられました。

NARUTO(19)

ゆずぽんず     2018:08:17 19:52:17

前巻に引き続き、綱手がよく登場します。乙女な過去を持っているにも関わらず、行動は男前で潔いですね。それでもって、めちゃくちゃ強い。見かけによらず、かなりパワフルです。

NARUTO(巻ノ20)

ゆずぽんず     2018:08:17 20:00:06

シカマルが、まさかの中忍になっちゃいましたね!これは予想外でした。あっさり描かれていたので、「あれ?あの長かった中忍試験は一体…」という気持ちもあったり。

君に届け(1)

ゆずぽんず     2018:08:25 14:21:54

風早くんが、これでもかって言うくらい爽やか!ルックスもそうなのですが、性格もイケメン!文句なしのキャラクターです。 主人公は暗い性格の女の子なのですが、これは実は普通に可愛いのでは…と予想。眩しすぎる青春を味わいたい方にピッタリです!

君に届け(2)

ゆずぽんず     2018:08:25 14:26:46

貞子の友達が、みんないい人すぎ!優しい世界でほっこりします。やっぱり貞子がピュアだからこそ、周りにも良い人が集まるんだろうなー。 風早くんは、相変わらずのイケメン。やることなすこと、みんなカッコいいですね。

君に届け(3)

ゆずぽんず     2018:08:25 14:41:17

ちょこちょこ出てくる、貞子のご両親がとってもほっこり。温かい家庭で育ったからこそ、貞子の性格もまっすぐで優しいんだろうなーと想像できます。 恋愛に関しては、ゆっくりじっくり進んでいくタイプなようです。こちらも、気長に見守っていこうと思います!

君に届け(4)

ゆずぽんず     2018:08:25 14:46:11

くるみちゃんの悪魔モードがお目見えですね!でも、そんなくるみちゃんのドギツイ言葉にも、貞子の純粋さはそのまま。どこまでもいい奴な貞子さん。 くるみちゃんも、ダークなところはありますが、嫌いにはなれませんね。彼女も彼女なりに頑張ってますし、可愛げなところが魅力です。

君に届け(5)

ゆずぽんず     2018:08:25 14:48:33

くるみちゃんと貞子の関係が、少しずつ変わってきました。ここまで良い関係になれたのも、貞子の性格があってこそだったと思います。くるみちゃんも、根はいい子なんだなと思わせるシーンがたくさんありました。 貞子も、くるみちゃんもファイト!どちらも応援したくなります!

君に届け(6)

ゆずぽんず     2018:08:25 16:21:41

ちーちゃんの件が、とても切なく感じました。仕方ないとはいえ、やっぱりショックですよね。高校生だし、こんなこともあるよなぁ、青春だなぁとしみじみ。 無口だけど、龍もまた男前なところがありますね!ちーのことを大切に思ってるのかなぁ。

君に届け(7)

ゆずぽんず     2018:08:25 16:34:32

どんな状況でも、100点満点の対応をしてくれる風早くん。こんなステキな高校生、実際にいるんだろうか…。 くっつきそうで、いいところで終わってしまう2人。そろそろ、もう一歩進んでもいい頃なのでは。今後が楽しみ!

君に届け(8)

ゆずぽんず     2018:08:25 16:43:58

やっと高校2年生になりましたね!みんな見事に同じクラスっていうのは、ちょっとご都合展開な気がしましたが…笑 まぁストーリー的に、一緒じゃないと距離ができちゃいますもんね。今回は、少しだけ2人がすれ違ってしまいました。もっとくっついてほしい!

君に届け(9)

ゆずぽんず     2018:08:25 16:55:53

新しい人物の健人が登場しましたね!「余計なことするなよー、いらんこと言うなよー」と思いながら読んでいました。 健人は何をたくらんでいるのか…この巻でははっきり分かりませんでしたが、これから明らかになるのでしょうか。

君に届け(10)

ゆずぽんず     2018:08:25 17:07:49

ついに!ついにの展開です!10巻目にして、ようやく大きな一歩を進んだ気がします。長かったけど、その分「よく言った!」と感動も大きかったです。 とはいえ、それから一気に進むのではなく、やはりゆっくりの展開ですね。引き続き、2人の関係を楽しみたいと思います。

君に届け(11)

ゆずぽんず     2018:08:25 17:12:32

人気の風早くんとあれこれあった貞子には、お決まりのライバルの女の子たちが。それでも、貞子はズバッと言ってくれます!スカッとします! そして、何よりくるみちゃんがカッコいい。セリフひとつひとつに、ちゃんと気持ちがこもってますね。

君に届け(12)

ゆずぽんず     2018:08:25 17:15:45

12巻からは、夏休みに入りました。とはいえ、2人の恋愛は休まず進んでます!付き合いたての2人ってかんじが、なんとも初々しい。ちょっと初々しすぎるほどです。 連絡ひとつとるのも、色々と気にしちゃってます。かわいい2人だなー

君に届け(13)

ゆずぽんず     2018:08:25 17:22:07

前巻に引き続き、夏まっさかりの頃からのスタートでした。まだまだ、お互いに緊張してる様子が続いてましたね。 主役2人だけでなく、ちーちゃん達も進展が!みんな目が離せません。青春味わってるなぁ。

君に届け(14)

ゆずぽんず     2018:08:25 17:25:15

沖縄の修学旅行編が続いてます。昔の貞子とは比べものにならないくらい、すっかり満喫してます。もう暗いキャラクターだった面影はなくなってますね。友達も彼氏もみんな面白くて、もはや幸せなリア充じゃないですかね。

君に届け(15)

ゆずぽんず     2018:08:25 18:08:30

修学旅行が終わって、また日常に戻ってきましたね。 どのキャラも、いろんな想いを抱えながら進む巻でした。どの人の気持ちもわかるなぁ、難しい問題だよなぁ…と思いながら読み進めていました。

君に届け(16)

ゆずぽんず     2018:08:25 18:14:00

貞子も気になりますが、あやねとちーちゃんのことも、もっと気になる!2人とも幸せになってほしいです。 貞子と風早くんは、もう少しお互いの気持ちをズバッと言えたらいいのにと思います。そこがまた、「君に届け」のいいところなのですが。

君に届け(17)

ゆずぽんず     2018:08:25 18:28:15

貞子と風早くんのじれったいムードが続いていましたが、ようやくその空気も終わりでしょうか。早くスッキリさわやかな2人になってほしいですね。 龍くん、なかなか男前なところがありました!このままドンドン進んじゃえ!

君に届け(18)

ゆずぽんず     2018:08:25 18:42:10

18巻の開始早々、「きゃー!ひゃー!」と声をあげながら読んでました。もうすっかり相思相愛じゃないですか!なんなんですか! ちゃんと自分の気持ちを伝えられたようで、一安心です。このままラブラブモードが続くといいですね〜!

君に届け(19)

ゆずぽんず     2018:08:25 18:47:13

どのカップリングも、じれったいながらも良い関係ですね!個人的には、龍くんがお気に入りです!無表情ながらに、重みのある言葉を発するところがたまりませんね。何を考えているのか、分かりそうで分からないところがミソです。

君に届け(20)

ゆずぽんず     2018:08:25 18:52:39

いつかは出てくるであろう、進路についてのストーリーが。表紙にいる、いかにも頑固そうなオッチャンが、風早くんのお父さんです。 見た目通り、なかなか厄介なお父さんでした。風早くんと全く違う…。うまくいくといいのですが。

君に届け(21)

ゆずぽんず     2018:08:25 18:59:56

ようやく、高校生3年生になりました。進路の話がどんどん進んでいきます。みんな真剣に考えてる様子が伺えますね! 進路によっては、離れ離れになることもあるので、やはり複雑なところ。相手のことを考えるキャラばかりなので、ちゃんと自分の気持ちを伝えられるのか気になるところです。

君に届け(22)

ゆずぽんず     2018:08:25 19:04:10

今回も進路のことが続きました。個人的に気になっていた龍の件も、今回でまた話が進みました。ちーちゃんの気持ちが、痛いほど分かります!そりゃあ寂しいですよね。ちーちゃんの優しさが身にしみました。

君に届け 23

ゆずぽんず     2018:08:26 21:57:30

23巻は、ほとんどあやねと健人の話でしたね!貞子の話を期待している人は、ちょっとおあずけです。 いつのまにか、健人にすっかり感情移入しちゃってました。「分かる、分かるよその気持ち」と何度頷いたことでしょう。

君に届け(24)

ゆずぽんず     2018:08:26 22:03:33

なにかと悩んでいる風早くん。悩んでいる姿まで、かっこよかったです! 貞子は、もうすっかり今風の子ですね。貞子じゃなく、ちゃんと爽子ちゃんになっています。 今回の話で、ますます二人から目が離せません!

君に届け(25)

ゆずぽんず     2018:08:26 22:09:27

表紙の二人を見て、思わず「ひゃー!」と声が出ました。いいですよね、この2人。表情も素敵です。 この表紙通り、この2人に少し展開がありました。野球をしてる龍くんは、普段とのギャップがたまりません!

君に届け(26)

ゆずぽんず     2018:08:26 22:16:06

この巻で一番感じたこと。それはくるみちゃんが、本当にいい子だということです。「ケンカできる仲」という捉え方は、くるみちゃんだからこそできることでしょうね。そして、それを素直に貞子に伝えるところも素晴らしい。私なら、ここまでまっすぐには伝えられないかも。

君に届け 27

ゆずぽんず     2018:08:26 22:22:32

風早くんのお父さんが、なかなかいい味だしてきていますね。あんな怖そうな表情ばかりですが、心の中では色々と思うことがあるんだろうなぁ。 ストーリーの中では、あやねちゃんから目が離せませんでした。彼女なりに、たくさん悩んだのでしょうね。

君に届け 28

ゆずぽんず     2018:08:26 22:29:00

ここにきて、ピンがかっこよく見えるときが来るなんて思いもしませんでした!普段はあんなやつですが、ピンはちゃんと先生で、ちゃんと一人の男ですね。ピンの隠れファンの人にとっては、待望の巻だったことでしょう。 そろそろ「君に届け」の終わりが近づいているような気配も感じました。

君に届け 29

ゆずぽんず     2018:08:26 22:39:05

前巻同様、ピンにほれぼれしちゃいました。いつもまっすぐに気持ちを伝えてくれるピンは、高校生のみんなと比べると、やはり大人ですね。高校1年生の頃からもう3年も経ったのかと思うと、本当に早く感じます。

君に届け 30

ゆずぽんず     2018:08:26 22:47:52

気が付けば涙しながら読んでました。みんな、新たな道を進んでいきます。嬉しいような、悲しいような。30巻ずっと読んでいると、もうみんなの保護者にでもなったかのような気持ちになりました。特に、あやねちゃんに関しては切なすぎますね。 それにしても、きれいなクライマックスを迎えられて良かったです!

デビルズライン(1)

ゆずぽんず     2018:09:01 19:59:10

ありがちな吸血鬼のストーリーかと思いきや、ありそうでなかった様々な設定がされていて、想像以上に楽しめました!
表紙と中身の絵のタッチがやや異なりましたが、それでも主人公はかっこいい!ちょっと優しいところもハマります。

デビルズライン(2)

ゆずぽんず     2018:09:01 21:15:47

吸血鬼の設定が分かれば分かるほど、安斎たちの苦しみがイメージできて、切なくなりました。
ストーリーはだんだん進んできて、ますます大きな出来事が起こりそうな感じ…。つかさを想っている安斎にそそられます!

デビルズライン(3)

ゆずぽんず     2018:09:01 21:21:50

少しずつ安斎の生い立ちや過去がちらほら出てきました。とはいえ、まだまだ謎ばかり。
つかさとは、吸血鬼としての壁がありすぎて思うように進みません。もどかしいですが、早くくっついてほしいですね!

デビルズライン(4)

ゆずぽんず     2018:09:02 02:41:11

前からちょこちょこ登場していた、牧村がなにやら行動に出始めました。とはいえ、いったい何を考えているのかまでは、未だハッキリとは分からず。今後の展開が気になりまくる巻でした!登場人物も増え始めてきたので、頭の中で整理しなくちゃですね!

デビルズライン(5)

ゆずぽんず     2018:09:02 02:47:09

またもや、安斉の過去について少し情報が出てきましたね。早く全ての真相が知りたいところですが、それはかなり先になりそう。安斉がつかさに優しい言葉をかける場面に、何度も照れちゃいました。かっこつけている感じが一切なく、自然とそのような言葉が出てるっていうところもイイですね!

デビルズライン(6)

ゆずぽんず     2018:09:02 02:50:53

もともと登場人物が多いことに加え、一部の人物に暗号のような名称も加わってきました!そのせいか、何度も先頭の方にある相関図を確認しないと、しっかりと理解することができずにいました。話は少しややこしいですが、その分映画のようなストーリーの作りこみに感心します!

デビルズライン(7)

ゆずぽんず     2018:09:02 02:59:08

すこーしずつ、また安斉の子供の頃のことが分かってきました。なんだかヨハネスも深い過去を抱えているような雰囲気でした。そちらについても、いつか明らかになるのでしょうね。安斉もヨハネスも、何らかの実験の中でつらい体験をさせられたようですが……。その分、これからは幸せになってほしいですね。

デビルズライン(8)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:02:52

今の安斉の身の回りにいた人物が、わりと過去にがっつり関わっているようですね。もういったい誰を信用したらいいのか、分からなくなってきちゃいました。「こいつが怪しいかも」「あれ?こいつは味方なのか」みたいな。ちょっとした推理を楽しむことができるのも、この作品の面白いところですね。

デビルズライン(9)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:06:56

つかさと安斉の距離が、一気に離れてしまいました。かなり寂しいです!早く元の関係に戻って、またラブラブな2人を見たい……。おそらくそこまで長い間離れることはないと思いますが、2人のファンの方はしばしお預けですね。その分、またよりを戻した時に一気に距離が縮むことを期待しています!

デビルズライン(10)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:09:24

また新たな人物が出てきましたね。そして、やはりこの人物にも裏や事情がある予感が!いい人なのか、悪い人なのかも今はまだちょっとハッキリしないような感じです。この作品は「最後の最後までわからない」というところが魅力でもあるので、今回も楽しませてもらえそうです。

デビルズライン(11)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:11:54

しょっぱなから、かなり注目の内容になってます!いつかはこの場面がくるのではと思っていましたが、ついにですね!「何のことだろう?」と思う方は、ぜひ実際に読んでみてください。とりあえず言えることは、「1人でこっそり見てね」ということでしょうか。笑

NARUTO(21)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:16:36

サスケが、ついに行ってしまいましたね。今思えば、これがかなり今後を左右させた、とても重要なシーンなのではないでしょうか。さくらとサスケが会話をする、冒頭のシーン。いろいろと考えさせられます。サスケも複雑な思いを胸にひめて、決断したことなのでしょうね。

NARUTO(22)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:21:06

今回の巻も、バトル!バトル!バトル!です。特にネジのファンは、お気に入りの一冊になること間違いなしでしょう。シカマルが、やはりここでもかっこいいなと感じさせられます。セリフや感情の1つ1つに、仲間を想っているような印象を受けるんですよね。優しい奴だなと感じます。

NARUTO(23)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:25:59

思っていたよりも、結構手ごわい相手たちでした。敵が4人もいるから、1人くらい弱いやつが混じっていたりするのかな?と思っていたのですが、ところがどっこい。みんな見事に強い。そして技や戦い方もバラバラです。そのため、どの戦いも全く違った面白さがありましたね!

NARUTO(24)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:28:10

長く続く戦いに、新たな展開がやってきました!思わず、待ってました!と叫びそうになるほど。彼らの登場シーンが、これまためちゃくちゃかっこいい。まさに救世主ってやつですね。「誰が新たにやってきたんだ!?」というのは、実際に見て確かめてくださいね!

NARUTO(25)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:31:44

サスケの過去が、かなり明らかになってきました。私の想像とは違っていましたが、思っていたよりもハードというか、残酷というか……。これを幼かったサスケが一人で背負うのは、たしかに辛いものがありますね。それだけに、イタチにいろんな恨みなどを思う気持ちも納得です。

NARUTO(26)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:33:54

ナルトとサスケ、かなり本気の2人ですね!それぞれが心の底から強い気持ちを持って戦っているというのが、手に取るように分かりました。かなり見ごたえのあるシーンが、これでもかというほど続いていましたね。まさかこの2人が戦う時が来るなんて、最初は思ってもみませんでした。

NARUTO(27)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:36:39

この巻で印象に残っているのは、後半のカカシの部分。「なんだよ、カカシ編がはじめるのかよ」と思っていた自分が恥ずかしくなるくらい、めっちゃいい話です。「そうか、そうだったのか」と呟きながら読み進めていました。あらためて、忍者の世界って辛いことが多いなぁと感じさせられました。

NARUTO(28)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:40:05

第二章の始まりです!心なしか、ちょっとみんなの顔つきも大人になったような気がしますね。服装も変わったので、最初の頃は違和感がありました。が、すぐに慣れます!少し期間があいた分、みんなそれぞれ成長しているようですね。戦いもさらに見ごたえのあるものになっているのではと楽しみです!

NARUTO(29)

ゆずぽんず     2018:09:02 03:43:49

我愛羅ファンとしては、目が離せない巻でした。謎に包まれていた砂の国の様子もちらっと見えたので、そこも面白い部分でしたね。こんな世界になってるんだなと注目です。木の葉の里とは、またちがった世界観がありました。我愛羅がどうなるのか……。無事に戻ってくるといいのですが。

フルーツバスケット(1)

ゆずぽんず     2018:09:08 13:59:28

少女漫画には珍しい設定が多く、興味を持ちました。イケメン達と、ひょんなことから一緒に住むことに……という流れは、よくあるような展開。でもこの作品は、一味もふた味も違いました!主人公の女の子もすごくいい子なので、いやな気分なく読むことができます。

フルーツバスケット(2)

ゆずぽんず     2018:09:08 14:37:13

さまざまなキャラクターが次々に登場します!どの人物も、なんだか闇を抱えていますね。その闇のくわしい内容は、おそらくこれから明らかになっていくのでしょう。主人公もなかなか暗い過去があるので、みんなが幸せになる展開を期待します!

フルーツバスケット(3)

ゆずぽんず     2018:09:08 14:56:55

ハツハルの登場!なんとも言えない不思議なキャラですが、何も考えていないような表情がいいですね!そしてめっちゃカッコイイ。芸能人レベルでしょうね。初登場シーンで自転車をチリンチリンいいながら漕いでる姿には、思わず笑わされました。

フルーツバスケット(4)

ゆずぽんず     2018:09:08 14:59:10

毎回の表紙は、1巻につき1人ずつの登場のようですね。「4巻はきっとハツハルだ!」とわくわくしていましたが、違いました(笑)同じ高校に草摩がどんどん集結してきましたね。こんな高校があったら入りたい……と指をくわえてます。

フルーツバスケット(5)

ゆずぽんず     2018:09:08 15:03:24

前巻から、別荘編が続きます。このメンバーは、透がいないとかなり重たい空気になるのではと感じさせられました。それだけ、透は草摩メンバーにとって明るい存在ですね。草摩に関しては、まだまだハッキリしない部分があるようです。さらに闇は深そう……。

フルーツバスケット(6)

ゆずぽんず     2018:09:08 15:07:59

夾に関する内容がメインの巻でした。「夾くんカッコイイ!好き!」という見た目重視の夾くんファンにとっては、ちょっと衝撃的な部分もあるかもしれませんね。いい意味で、少女マンガとは思えないような展開。透が夾くんの傷を癒してあげられるといいのですが。

フルーツバスケット(7)

ゆずぽんず     2018:09:08 15:11:12

透と魚ちゃん、2人が出会ったときの話が印象的でした。おっとり・のほほん系の透と、ヤンキーそのものの魚ちゃん。全然性格の違う二人でしたが、こういういきさつがあったのかと初めて知りました!そうそう、透のお母さんの話もありましたね。なんだか心がしんみりしました。

フルーツバスケット(8)

ゆずぽんず     2018:09:08 15:15:30

待望のハツハル表紙!しかし、8巻開始早々、ハツハルがかなり荒れてます。いつも掴めない性格の持ち主ですが、今回はさらにダークモードでした。普通の学校なら、大変なことになってるのでは……。口では上手く表現できないハツハルは、心の中で抱え過ぎているんでしょうね。

フルーツバスケット(第9巻)

ゆずぽんず     2018:09:08 15:18:55

今回は、花ちゃんの過去が明らかになりました。見た目通りというか、小さい頃もやはり同じような雰囲気でしたね(笑)内容としては、やはりつらい思い出というテーマでした。かなりすごい能力の持ち主だからこそ、苦しい場面がたくさんあったのだろうと察しがつきます。

フルーツバスケット(第10巻)

ゆずぽんず     2018:09:08 15:23:39

由希ファンの方は必見の巻になるのではないでしょうか。透とのシーンが、すっごく印象に残りました!透は一体、だれとくっつくのでしょうね。少なくとも、由希はもう透に思いを寄せているのではと思います。が、まだ本人の気持ちに迫る描写が無いので、今後に注目ですね!

フルーツバスケット(11)

ゆずぽんず     2018:09:08 17:37:00

少しずつ登場してきた十二支ですが、やっと揃いましたね~!あとはみんなが持つ苦しみや悩みが、ちょっとずつ解消するのを待つ感じですね。ストーリーも、かなり深いところまで進んできました。ここからが本番なんでしょうね!目が離せません!

フルーツバスケット(12)

ゆずぽんず     2018:09:08 17:40:35

透が草摩の深いところまで、首をつっこみまくってきました。おそらく透なら、このしがらみを何とかしてくれるのでしょう。でも、リンが通ってしまった道を同じように進まないか心配です。今までのフルーツバスケットより、シリアスな雰囲気が続きますね。

フルーツバスケット(13)

ゆずぽんず     2018:09:08 17:43:52

草摩関係の進展はあまりありませんでした。最近草摩のことで、真面目な空気になってきていたので、ちょっと息抜きのような気分で読むことができましたね。内容は多岐にわたっていたので、わりともりだくさんな13巻でした!次は真面目モードの展開でしょうかね。

フルーツバスケット(14)

ゆずぽんず     2018:09:08 17:47:18

作者の方に事情があったようで、だんだん絵が変わってきています。1巻の頃と比べると、別人のように感じることも。やや違和感はありますが、全体的に優しい感じがして、私は今の絵も気に入っています!リンがよく登場します。リン……ちょっと無理をしてないか心配ですね。

フルーツバスケット(15)

ゆずぽんず     2018:09:08 17:51:12

由希の小さい頃の様子が、よりいっそう詳しく分かりました!そして慊人のことも。やはり小さくても、慊人は慊人ですね。なにかを感じさせるというか、怖いけど気になるというか。どの慊人も、目が笑っていないような表情。そこがまた恐ろしさを強めていますね。

フルーツバスケット(16)

ゆずぽんず     2018:09:08 17:59:11

勝也と今日子の話が中心でした。もともと透の両親が亡くなっているのは、1巻から描かれていたので「めっちゃ暗い過去があるんだろうな」と思っていましたが、その通りでした。そして切ない。思わずウルウルきます。事故については、まだ何か真実がありそうですね。

フルーツバスケット(17)

ゆずぽんず     2018:09:08 18:02:03

アキトに関して、おもわず「えっ!」と声が出てしまいそうな事実が判明しました!驚いたのは、読者だけでなく透も同様のようでしたね。それからというもの、アキトを違う目で見るようになりました。今まで気が付かなかったというか、想像にもしていませんでした。

フルーツバスケット(18)

ゆずぽんず     2018:09:08 18:04:51

前巻から気になっていたリンですが、かなり深刻な状況になってしまっています。まぁでも、ハツハルが守ってくれるでしょう!かっこよくリンを助けるシーンを、今か今かと待ちながら読んでいました。リンのことを知ったら、きっとブチギレるんだろうなぁ。

フルーツバスケット(19)

ゆずぽんず     2018:09:08 18:10:23

翔の彼女について、新たに知る事ができました!翔……正直、私は好きになれませんでした。ちょっと自分中心すぎるというか、彼氏にしたくないタイプですね。彼女の方は、まだまともな考えの持ち主なようなので、ちょっと気が晴れましたが。

フルーツバスケット(第20巻)

ゆずぽんず     2018:09:08 18:14:15

読んでいると「あーもう少しで最終巻なんだろうな」と感じる場面がちらほら。それぐらい、次から次へと展開が続いていきました。呪いに関しても、ここでようやく一区切りつけるのではないでしょうか。ギャグらしさは減ってきましたが、その分物語の核心に近づいていますね。

フルーツバスケット(第21巻)

ゆずぽんず     2018:09:15 13:38:06

ずっと「夾は過去に透の母親となにかあったのでは?」と匂わせる場面がありましたが、ようやく明らかになりました。かるくトラウマものになりそうな内容……そりゃ何年も引きずっちゃいますね。それにしても、その事故にまつわる当事者たちが、うまいこと同じ学校に集結していたなと思ってしまいます(笑)

フルーツバスケット(第22巻)

ゆずぽんず     2018:09:15 13:42:48

夾が、少しずつ自分の気持ちに向き合い、一歩ずつ進んでいきます。お父さん、かなり険しい方ですね。実の息子に対して、まるで他人……いやそれ以上に冷たい態度をとり続けます。目の前でこんな態度を取られたら、もう二度と会いたくなくなるのではと思いますが、夾は強いです。透がそうさせてくれたのでしょうね。

フルーツバスケット(第23巻)

ゆずぽんず     2018:09:15 13:47:20

ついに最終巻。すべての呪いが解けましたね。フルーツバスケットが始まったばかりの頃は、まさかこんなディープな内容になるとは思っていませんでした。とはいえ、やはり少女漫画。これでもか!というほど、カップルが成立していきました。由季は、まさか生徒会のやつと……という気持ちはありますが、まぁみんな幸せになってよかったです!

NARUTO(30)

ゆずぽんず     2018:09:15 13:52:28

ガアラのとんでもない姿にびっくり!ガアラファンが見たら、ちょっとショッキングかもしれません。ガアラに対して必死になるナルトの姿。「いい仲間ができて良かったねぇ」と、思わずガアラの母親になったような気持ちにさせられました。無事に戻ってこれるといいけど……。

NARUTO(31)

ゆずぽんず     2018:09:15 13:57:20

チヨバアさん、意外とやるなあ!おばあちゃんの戦いなんて……とあまり読む意欲が湧かなかったのですが、気が付くとのめり込んでいました。サクラも頑張ってはいますが、まだまだですね。力の差ははっきり表われていました。今回に関しては、ほとんどチヨバアの功績といってもいいのではないでしょうか。

NARUTO(32)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:00:32

チヨバアのお墓のシーンには、しんみりしました。自らが望んだ結果とはいえ、やはり寂しい。あと、なんといってもガアラの握手のシーン!いつの間にこんな紳士的になったんだ!?と驚きました。あまり多くは語らない彼ですが、ナルトに対してはかなり信頼しているようですね。

NARUTO(33)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:05:02

サイに関して、いまひとつハッキリしない部分が多いです。一応仲間ということで話が進んでいるのですが、「本当にこいつはいい奴なのか?」「裏で何かやりとりしてるんじゃないの?」と疑いながら読んでしまっていました。サイの表情も、なーんかひっかかるんですよね。

NARUTO(34)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:08:40

サイが持っていた、手書きの本について明らかになっていきました。サイの気持ちがすこし掴めたような気がします。メインのストーリーは、少し停滞気味に感じますね。もっとトントンと進んで行ったらいいなと思います。修行の成果が発揮できる場面が出てくるといいのですが。

NARUTO(35)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:12:22

このあたりから、意見が分かれてくるのではないでしょうか。「サスケはもういいって!」派と、「サスケはどうなるんだろう、ワクワク!」派。前者なら、この頃あたりはじれったく感じるでしょうね。まさかサスケ奪回に関して、ここまで長くなるとは思っていませんでした。

NARUTO(36)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:17:41

シカマルやアスマたちの戦いが見れました。今までずっとナルト達ばかりだったので、新鮮な気分で読めてよかったです!アスマの件は衝撃でしたね。全く想像していませんでした。突然やってくる死についても、忍の世界ならよくあることなのでしょう。

NARUTO(37)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:19:55

長い間修行を続けるナルト。まだやってたのか!とも感じてしまいますが、これでかなり強くなったのでしょう。今までの戦いで、自分のことを「弱ぇ」と言っていたナルト。あれは、めちゃめちゃ強くなるアピールだったのではないでしょうかね。今後の修行の成果に期待です!

NARUTO(38)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:22:49

長い修業の成果が発揮されていました!今までの戦いよりも、見ごたえがあったように思います。新技もかっこいいじゃないですか!これからもこの技は出てくるのでしょうかね。やはりまだサスケサスケ言ってますが、このへんが嫌いな人はもやっとしちゃうかもしれません。

NARUTO(39)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:29:42

サスケの話がメインで進んでいきます。オロチマルの件が片付いた~と思ったのもつかの間、また次の展開に。もう本当にサスケのことは忘れた方がいいのでは……と思う気持ちもありますが、ナルトの気持ちは全くぶれません。むしろ強くなっているような。

NARUTO(40)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:32:32

デイダラの独特な戦い方が好きです。なんというか、美しい。本人の言うとおり、芸術性を感じさせる描写が多くていいですね。キャラクターも憎めない感じがして、気に入りました。強いのに明るい性格で、見ていて飽きません。

NARUTO(41)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:36:02

ナルトやサスケの登場シーンは少なめでした。その分、過去の回想シーンが多かったですね。ペインとの戦いもありましたが、正直ペインがめっちゃ強い。これ、どうやって勝てるんだ……?と思ってしまうほどでした。出てくる敵がどんどん強くなってますね。

NARUTO(42)

ゆずぽんず     2018:09:15 14:39:54

自来也-!と思わず叫んでしまいました。もうこの表紙が、また涙を誘いますね。ツナデのセリフからも、ちょっとフラグは立っていましたが、まさか自来也が……。ナルトのショックも大きいことでしょう。それほどペインが強かったということですね。

NARUTO(43)

ゆずぽんず     2018:09:16 13:51:39

サスケとイタチについて、がっつり描かれていました。イタチ……思わず泣いてしまいました。ここにきてやっと真実を知る事ができました。あのイタチの笑顔、ずっと頭から離れません。サスケも決着がついたことですし、これでさらに物語は進展することでしょう。

NARUTO(44)

ゆずぽんず     2018:09:16 14:03:05

自来也が亡くなったと聞いた時のナルトの反応は、想像と違いました。なんというか、やはりまだナルトは子供ですね。幼さを感じるセリフが多かったです。とはいえ、信じないフリをしたり、言いたい放題というわけでもなかったので、彼なりに我慢はしたのでしょう。

NARUTO(45)

ゆずぽんず     2018:09:16 14:08:15

自来也の死についてヘコみまくっていたナルトも、やや前に進んでこれたようです。また新たな力を身につけていますね。これでさらに強くなって、今度こそサスケと……でしょうか。ナルトがまた成長したような場面が多かったです。これも師匠の死の影響でしょうね。

NARUTO(46)

ゆずぽんず     2018:09:16 14:19:06

思わず「えっ!?」と声がでてしまいました。あのカカシ先生が?今ここで?という印象です。自来也といいカカシといい、師匠は亡くなっていくという流れなのでしょうか。次は誰なんだろう……。こういう周りの死によって、ナルトがさらに強くなるんですかね。

Naruto(47)

ゆずぽんず     2018:09:22 19:09:36

ペイン戦が続きます!九尾の全貌がわかる時がきたのかなとソワソワしていましたが、まさかの人物が登場ですね。しかもカッコイイ。
その時のナルトは、いい意味で一気に子どものように見えました。その表情がなんとも素敵です。

NARUTO(巻ノ48)

ゆずぽんず     2018:09:22 19:24:58

「復讐」というものについて考えさせられました。今まではサスケが復讐についてこだわっていました。ここにきて自来也の件もあり、ナルトが初めて復讐のことに向き合ったのでは。
ちょっぴり重いテーマですが、忍びの世界では避けられないものでしょうね。

NARUTO(巻ノ49)

ゆずぽんず     2018:09:22 19:33:41

五影がついに揃いました。初めましての方もちらほら。もっと堅苦しいキャラクターかと思っていましたが、水影なんてギャグ要素満載でしたね。

あまりガチガチした感じが和らぐので、これはこれで良かったのかも。

NARUTO(巻ノ50)

ゆずぽんず     2018:09:22 19:42:24

ちょこちょこ出てくる我愛羅が、めちゃめちゃしっかりしていて驚きます。冷静に判断して意見を述べる。もうすっかり立派な風影ですね〜!
サクラとナルトのシーンは、「それじゃあナルトを説得できんよ…」と思っちゃいました。演技っぽさが抜けてなかったですね。

NARUTO(巻ノ51)

ゆずぽんず     2018:09:22 20:54:34

ちょっとサクラの言動にモヤモヤを感じるところがありました。何やってんの!とツッコミたくなっちゃいますね。
ついつい、私がなんとかしなきゃと思う性格なのでしょうか。もう少し周りに頼れるようになるといいのですが…。

NARUTO(巻ノ52)

ゆずぽんず     2018:09:22 20:58:34

余計なことをしちゃうサクラでしたが、ここに来てようやく落ち着いたように感じました。サクラ、それでいいんだよ。
サスケはどんどん進んでいきますね…完全に昔とは別人のようです。やはりちょっと寂しいですね。

NARUTO(巻ノ53)

ゆずぽんず     2018:09:22 21:01:02

もう涙なしでは読めません。NARUTOの中で一番印象に残っている巻は?と聞かれたら、迷わず53巻を挙げます!それほど素晴らしい巻です。
何がいいって、ナルトの誕生日の話。子どもを持つようになってから読むと、さらに感慨深いものがあります。

NARUTO(巻ノ54)

ゆずぽんず     2018:09:22 21:06:22

ガイはやはりいいキャラしてますね〜。ほかのキャラのギャグシーンより、格別にウケました!
最近ギャグキャラがいまいち…と思う部分がありましたが、今回で挽回したのでは。面白くて強い、いい戦いを見ることができました!

NARUTO(巻ノ55)

ゆずぽんず     2018:09:22 21:17:53

ついに大戦が始まりました。ここから長い戦いが続きます。
インパクトがあったシーンといえば、我愛羅の演説でしょう。想像以上にがっつりの演説でした。前までの無口キャラはどこに行ったのかと思うほどでしたね。

NARUTO(巻ノ56)

ゆずぽんず     2018:09:22 21:25:11

アスマ班の戦い、胸が詰まる想いで読みました。チョウジの気持ちも分かります。チョウジを説得する周りの言葉も、気持ちが込められていました。
アスマはずっと3人のことを考えた言葉ばかり述べていましたね。最後まで、本当にいい先生でした。

NARUTO(巻ノ57)

ゆずぽんず     2018:09:22 21:43:34

前々からビーのキャラがあまり受け付けなかったので、ビーの戦闘シーンはちょっと気が進みませんでした。あの口調がしつこく感じでしまって…。
でも戦いは真剣でしたね!もうちょっとあの口調の頻度が少ないと嬉しいのですが。

NARUTO(巻ノ58)

ゆずぽんず     2018:09:22 22:05:31

我愛羅の本当の過去が明らかになりましたね。赤ちゃんの我愛羅にすでにクマがあったのは、ツッコミたいところですが我慢です。あれは寝不足だからと書かれていた気がしたような…。
それにしても、ナルトと同じく素敵な母親でしたね。

NARUTO ナルト(59)

ゆずぽんず     2018:09:22 22:16:37

うちはマダラについて、また一歩前進しましたね。謎がさらに深まったと言いますか…まだ真実は分からないことだらけです。
次の巻あたりでは、面の下が誰なのか分かるのでしょうか。今のところ、誰なのか全く予想ができません。

NARUTO(巻ノ60)

ゆずぽんず     2018:09:22 22:32:33

カカシとガイ、やはり息が合っている感じがします。この2人のやりとりは落ち着きますね。冷静に言葉を発するカカシも、いつだって全力のガイも、いい味出してます。
サスケもようやく出てきそうな終わり方でしたね!

NARUTO(巻ノ62)

ゆずぽんず     2018:09:22 22:49:52

カブト、こんな過去を背負っていたんですね。忍の世界は、昔からドロドロしていたんだなぁ…。
まさかサスケとイタチが一緒に戦う時が来るとは。やはりイタチはお兄さんらしく、サスケにアドバイスをするシーンがちらほら。兄弟らしくていいですね。

NARUTO 巻ノ61

ゆずぽんず     2018:09:22 22:55:00

綱手がまさか…!?と焦りましたが、どうやら何とかなったようです。一瞬死んでしまったのかとヒヤヒヤしました。
綱手が弱いというセリフが続いていましたが、普通に強かった!いつのまにか印なしでも治せていたようですね。

NARUTO 巻ノ63

ゆずぽんず     2018:09:22 23:16:45

やーっと仮面の正体がわかりました!もう意外というか、想像していなかったというか、そんな奴いたなというか…。ただただ驚きです!
それにしてもナルト的に、しらない奴が正体だったというのはどうなんでしょうね。

NARUTO(巻ノ64)

ゆずぽんず     2018:09:22 23:25:24

ネジが…ネジが…。なんだか踏み台のための死という印象を受けました。でもこの死のお陰で、また大きな一歩になったことは確かでしょうね。
巻き添えをくらったような死だったので、生き返るのかな?とおもいましたが…どうやら違いそうですね。

NARUTO(巻ノ65)

ゆずぽんず     2018:09:22 23:36:04

ガッツリ過去編です。木の葉の里ができるまでの流れがつかめました。まるで歴史を学んでるような気分。
いつの世も戦いか…の一言が胸に響きました。ナルトの世界は、この言葉に尽きますね。

NARUTO(巻ノ66)

ゆずぽんず     2018:09:22 23:39:57

表紙の3人を見て、すごく懐かしい気持ちになりました。やっぱりこの3人はいいですね!見ていて安心します!
サクラを見直すシーンもありました。ぐっと成長しましたね。前までのサクラとは全然違います!

NARUTO(巻ノ67)

ゆずぽんず     2018:09:26 13:26:40

先人達の戦い、いやぁすごい。今までの戦いと比べて、次元がはるかに違いました。とてつもない規模で戦っているので、もう迫力満点!九尾の力がないと、太刀打ちできないレベルですね。

NARUTO(巻ノ68)

ゆずぽんず     2018:09:26 13:29:44

みんなの思いが1つになろうとしていましたね。ナルトに対する想いが、みんなの力の源になっているのが分かりました。
オビトとナルトの会話は、重いながらも相手への思いやりが込められていて、優しい気持ちになれました。

NARUTO(巻ノ69)

ゆずぽんず     2018:09:26 13:32:41

ナルトの脈が止まったとき、我愛羅がめちゃくちゃしゃべることに驚きました(笑)それだけ必死だだったのでしょうね。
サクラも、すっかり頼もしい医療忍者になってました。これも綱手のおかげかな。

NARUTO(巻ノ70)

ゆずぽんず     2018:09:26 13:39:15

ガイ…めちゃめちゃかっこよかったです。そしてガイに対する、リーの言葉も素敵。
師匠がこんな状態のときに、冷静に見守れる精神力はあっぱれですね。これぞ、男の中の男ってやつでしょう。

NARUTO(巻ノ71)

ゆずぽんず     2018:09:26 13:44:42

ナルト、サスケ、サクラ。やはりこの3人のチームワークは素晴らしいですね!後半の3人で力を合わせるシーンは、どこか懐かしさも感じました。
カグヤの桁違いの強さにはビビりましたが、それだけクライマックスが近づいているということでしょうね。

NARUTO(巻ノ72)

ゆずぽんず     2018:09:26 13:47:01

表紙を見て、思わずおぉー!と声が出ました。ついにここまできたんですね。おめでとう、ナルト。
気になるお相手も、今まで読み続けていた側からすると、納得の相手でしょう。サクラも、念願のサスケと結ばれて良かったです!

妖狐×僕SS(1)

ゆずぽんず     2018:09:26 14:13:59

双熾にキュンキュンするもよし、りりちよにメロメロするもよしの漫画です。りりちよの独特な話し方も、読んでいるうちに慣れるので大丈夫!
ちなみに、タイトルなんて読むんだろう?と思った方。「いぬぼくシークレットサービス」です。

妖狐×僕SS(2)

ゆずぽんず     2018:09:26 14:38:36

双熾の徹底した飼い犬っぷりがたまりませんね!もうりりちよの事しか見えていないという雰囲気です。絵も綺麗なので、ちょっと寒く感じるようなセリフも気になりません。
こんな楽しそうな館なら、喜んで住んでみたいものですね。

妖狐×僕SS(3)

ゆずぽんず     2018:09:26 15:32:55

カルタちゃんの、のほほーんとした雰囲気が好きです。こんなに可愛いのに、ドクロになっちゃうギャップもまたいいですね!
どのカップルもそれぞれお似合い。たまにシリアスなところもありますが、メリハリが効いていて読みやすいです。

妖狐×僕SS(4)

ゆずぽんず     2018:09:26 15:36:06

野ばらの言う「メニアック」の意味が、ここにきてようやく掴めてきました(笑)
いつもは全力でふざけてるのに、真面目な話になった途端キリっとしてる彼女。なんだか闇を抱えているような気もしますが…もう少し経ったら、その内容も分かるのでしょうか。

妖狐×僕SS(5)

ゆずぽんず     2018:09:26 15:42:48

双熾の一途さがたまりません!こんなに大切にされているりりちよが羨ましいです。たまに不意打ちで出てくる、双熾の犬耳シーンも見逃せません。
面倒そうに感じてはいるものの、りりちよも双熾のことが気になっているんじゃないかなーと予想。

妖狐×僕SS(6)

ゆずぽんず     2018:09:26 15:45:29

いきなりの急展開に、心がついていきませんでした!前までの雰囲気とは全く別の漫画になってます。
以前まではたまに出てきたシリアスなシーンも、今回はてんこ盛りです。今後の展開が全く想像できません……!

妖狐×僕SS(7)

ゆずぽんず     2018:09:26 15:48:20

野ばらの優しさに心奪われそうになりました。やっぱり普段は変わった女性ですが、根はとても優しいんでしょうね。
双熾くんは、まだ闇をどっぷり抱えてました。早くりりちよと、前のような関係に戻ってほしいです!

妖狐×僕SS(8)

ゆずぽんず     2018:09:26 15:53:07

またまたシリアス、そして戦闘モードです。今回、本編はちょっと少なめでした。そのかわり、番外編の部分が多かったですね。
そろそろクライマックスなのかなと思わせる雰囲気が漂ってました。

妖狐×僕SS(9)

ゆずぽんず     2018:09:26 15:57:36

林間学校中のシーン、もう全てがツボでした!りりちよ不足の双熾は、見ていて本当に飽きません。
そしてあれこれ考えすぎてしまう、りりちよもまた可愛い!相思相愛ってやつですね。

妖狐×僕SS(10)

ゆずぽんず     2018:09:26 16:20:56

いよいよ終わりが近づいているのだなーとヒシヒシ感じました。今回は、あれよあれよと話が進んでいきます。もう少しゆっくり展開していってもいいくらいだと感じました。
あと1巻、じっくり楽しみたいと思います!

妖狐×僕SS(11)

ゆずぽんず     2018:09:26 16:23:16

ちょっぴり分厚めの11巻は、綺麗にまとまった最終巻でした。今までのシリアスっぷりに比べると、少し雰囲気が明るいように感じます。
今回も、前巻と同じくスピード感のある展開。これでもかってほど、話がぎゅっと詰まってます。

闇金ウシジマくん(1)

ゆずぽんず     2018:09:26 16:26:33

可愛げなタイトルですが、中身はめちゃめちゃダークです。漫画っぽさなダークではなく、実生活に溶け込んでいるような闇。
絵は好みが分かれそうですが、リアルな感じがして私は好きです!

闇金ウシジマくん(2)

ゆずぽんず     2018:09:26 16:33:42

ウシジマくんを読んでいると、自分の環境のありがたさを感じます。普通の生活がどれだけありがたいのか。
懲らしめるシーンは、かなり容赦ないです。ちょっと、いやかなりグロいので夢に出てきそう……。

闇金ウシジマくん(3)

ゆずぽんず     2018:09:26 16:35:40

マサルのドロドロストーリー。もう誰を信用できませんね。ウシジマくんでは、堕ち方が半端ないです。人生って簡単に終わっちゃうんだなと痛感させられます。お金は大事にしよう……。

闇金ウシジマくん(4)

ゆずぽんず     2018:10:14 23:27:01

前の巻から気になっていた、ゲイくんの話が終わりましたね!なんというか…色々考えさせられる終わり方でした。お母さんは、本当にいい人なんでしょうね。現実で本当にありそうなことばかりなので、良くも悪くもゾっとする場面が多かったです。

闇金ウシジマくん(5)

ゆずぽんず     2018:10:14 23:32:39

お金でここまで人生が狂うもんなんですね。もう人間関係も、信用もめちゃくちゃ……。お金は借りる側だけでなく、貸す側もリスクがあるのだなと勉強になりました。自分がジュンの立場だったらと思うと、もう考えるだけでうなされそうです。

闇金ウシジマくん(6)

ゆずぽんず     2018:10:14 23:38:47

風俗のリアルな世界を覗くことができました。女の世界は、やっぱりどこも怖いですね。お客さんも、そりゃあ愛想のいい女の子に相手してほしいに決まってます。杏奈がもう少しうまく気持ちを切り替えられる性格だったら、こんな悲劇は起きなかったでしょうね。

闇金ウシジマくん(7)

ゆずぽんず     2018:10:14 23:45:34

風俗の話がやっと完結しました。もう、男も女もみーんな裏がありすぎですね!それが現実ってもんなんでしょう。ウシジマくんを読んでいると、読み終えた時に夢から覚めたような感覚に陥ります。それほどウシジマくんワールドに引き込まれてしまうんですよね。

闇金ウシジマくん(8)

ゆずぽんず     2018:10:14 23:49:19

まるまるフリーターくんのお話でした。巻数を重ねるにつれて、だんだん1つのテーマが長くなってきたように思います。それだけ深く掘り下げているということでしょう。今回は、美津子さんの心配ばかりしてしまう巻でした。こうやって人は騙されていくのですね。

闇金ウシジマくん(9)

ゆずぽんず     2018:10:15 00:04:35

今回もまた、フリーターくんの物語が続きました。フリーターと聞くと、今までは自由があってのびのびとしたイメージでしたが……ウシジマくんを読んでからは、一気に印象が変わりました。固定概念をぶっ壊してくれるほどの読み応えがありますね。

闇金ウシジマくん(10)

ゆずぽんず     2018:10:15 00:11:21

フリーターくんが終わり、次はサラリーマンくんです。フリーターに比べると、まだ安定している身分じゃないかと思っていましたが……今回もまた訳ありの人ばかり登場しましたね。誰が地獄を見るんだろうか……。

闇金ウシジマくん(11)

ゆずぽんず     2018:10:15 00:16:35

11巻を読むと、街行くサラリーマンを心の底から応援したい気持ちにさせられました。毎日毎日働いているのに、なんでこんな目に遭っているんだろう。やはり友達は、ちゃんとしてる人を選ばないとダメですね。

闇金ウシジマくん(12)

ゆずぽんず     2018:10:15 00:19:16

もう初っ端から、見ていて痛々しいシーンが。思わず目を背けたくなるような……でも読み進めてしまう、不思議な気持ちにさせられるウシジマくんです。本当にこんなことをさせられている人、どこかにいるのだろうか……。

闇金ウシジマくん(13)

ゆずぽんず     2018:10:15 02:54:54

13巻に入ってからは、新たに「出会いカフェくん」が始まりました。今回も、なかなか現実味のある話。簡単に人生が終わっていくんだなと考えさせられました。女の子は、自分の体をちゃんと大切にしないといけないですね、本当に。

闇金ウシジマくん(14)

ゆずぽんず     2018:10:15 02:58:00

今回は、タクシードライバーに焦点が当てられていました。よく闇金のイメージしやすいような登場人物は一通り出てしまったので、次はどんな設定なんだろう?と思っていたところ、まさかのタクシー界。まったりした雰囲気の業界かと思っていましたが、結構闇の世界なんですね。

闇金ウシジマくん(15)

ゆずぽんず     2018:10:15 03:00:53

今度は「テレクラくん」のストーリー。テレクラって言葉しか聞いたことがなかったので、こんな感じなのか……とフムフム。ここ最近は1巻でちょうど1つの物語が終わるので、単行本派にとっては読み進めやすくて助かります。

闇金ウシジマくん(16)

ゆずぽんず     2018:10:15 03:04:30

開始早々、ウシジマくんワールド前回でしたね。そのへんのホラー映画より、妙に背筋が凍ります。結論から始まる物語も、たまにはいいですね。ウシジマくん、本当に容赦ないというか、冷酷極まりないです!

闇金ウシジマくん(17)

ゆずぽんず     2018:10:15 03:07:57

ページをめくった途端、「あれ?16巻だったっけ?」と思わせてしまうような内容でした(笑)でも、以前よりさらに怖い!あの状況は、夢に出てくるんじゃないかと思うほどです。今回の話は、久しぶりに長かったですね。

現代のリアル借金地獄絵図、コミックス第18弾! 丑嶋を「カオルちゃん」と呼ぶ幼なじみが現れる。 その

ゆずぽんず     2018:10:15 03:15:04

今までハッキリとは分からなかったウシジマくんのことが、今回で結構知る事ができました。いつかは来るだろうなと思っていた、ウシジマくんの過去の物語。ちょっとウシジマくんに親近感が湧きました。今後もさらに、過去について明らかになっていくのでしょうか。

闇金ウシジマくん(19)

ゆずぽんず     2018:10:15 03:18:48

とにかく「容赦ないな」の一言に尽きる内容でした。ガンガンやっちゃってますね、ほんと。「かわいそうだな」「このへんにしといてやるか」なんて気持ちには一切ならないのでしょうか……。あらためて人間って怖いなぁと思わせる一冊です。

闇金ウシジマくん(20)

ゆずぽんず     2018:10:15 03:22:09

長かった「闇金クン」も、ようやく完結ですね。超ウルトラ冷酷なウシジマくんが、「おや!?」と思わせる行動に出ました。正直びっくりというか、ちょっと安心したというか……。ウシジマくんも、感情というものは持っているようですね。

闇金ウシジマくん 21

ゆずぽんず     2018:10:15 03:25:23

いままでのウシジマくんを読み続けている方にとっては、「あれ、今回はそんな終わり方なんだ」と思わせる場面もありました。受け捉え方は様々あると思いますが、私はこれはこれでありかなと思います。その方がリアリティもありますしね。

闇金ウシジマくん 22

ゆずぽんず     2018:10:15 03:27:52

ホストくんの話は、意外にもここで終わりでした。正直、もうちょっと長引かせるのかなと思っていたので予想外です。ところどころで、「切ないなぁ」としみじみさせられるシーンも見受けられました。相変わらず、引き込まれていくストーリーです。

闇金ウシジマくん 23

ゆずぽんず     2018:10:15 03:33:34

今回もいろんなキャラがわちゃわちゃやってますが、ウシジマくんはどこまでもウシジマくんのままですね。軸がしっかりしているというか、微動だにしないというか。そこがこの作品のいいところだと思います。同じ目線で読み続けることができますしね。

ケダモノ彼氏(1)

ゆずぽんず     2018:11:10 20:50:05

思わず「そんなあほな」とつっこんでしまいそうな設定でしたが、そこを面白く捉える事が出来たら楽しめる作品です。ちょっと違和感のあるタッチで描かれていますが、次第に慣れてくるでしょう。不器用な大賀見くんの表情がたまりませんねー!」

ケダモノ彼氏(2)

ゆずぽんず     2018:11:10 20:52:09

姉弟であることはずっと隠し通すことなのかと思っていましたが、まさかの2巻目であっさり暴露してしまいましたね。「まさかそんな~」って反応をされるかと思いきや、意外とすんなり受け入れる友人たち(笑)ひまりが告白したりと、テンポのいい展開ですね。

ケダモノ彼氏(3)

ゆずぽんず     2018:11:10 20:57:11

どんどん2人がいい感じになってきていますね!大賀見くんはもっとツンツンを貫くと思っていましたが、もうすでにデレが見え始めてきています。これはラブラブになるのも時間の問題かもしれませんね。

ケダモノ彼氏(4)

ゆずぽんず     2018:11:10 20:59:16

ここにきて、佐伯くんがまた行動に出始めましたね。いい感じに大賀見くんを刺激してほしいような、2人の邪魔をしてほしくないような…。大賀見くん、どうやら何か考えているようですが、4巻ではハッキリわかりませんでした。次に期待です!

ケダモノ彼氏(5)

ゆずぽんず     2018:11:10 21:03:03

佐伯くんがなんだか大胆キャラになってきたような。当初は控えめな印象だったのですが…。大賀見くんは、また新たな波に飲み込まれてしまいましたね。もともと複雑な家庭環境の設定なので、いつかは来るだろうと思っていたテーマでした。

ケダモノ彼氏(6)

ゆずぽんず     2018:11:10 21:17:31

「家族」がテーマのような6巻。なんだかんだ、一緒に住み続けると思っていたのですが、ちょっと想像とは裏腹の展開でした。後半では、新たな登場人物もでてきましたね。波乱の幕開けになる気がします。

ケダモノ彼氏 7

ゆずぽんず     2018:11:10 21:21:34

よりを戻すどころか、どんどん違う方向にいってしまう二人。そろそろ平和な時期が訪れてもいい気がするんですけどね~。せっかく両想いになったのに、これじゃあもどかしいままです。早くさらなる展開が来てほしいですね。

ケダモノ彼氏(8)

ゆずぽんず     2018:11:10 21:25:18

大賀見くん、結構どんどん積極的になってきていますね。いいかんじいいかんじ。すっかり元通りの2人です。最近ずっともやもやしていた状態だったので、こういうラブラブ状態だと安心して読むことができますね。

ケダモノ彼氏(9)

ゆずぽんず     2018:11:10 21:31:01

あっさりと男女2人きりの生活をOKする両親には笑ってしまいましたが、まぁ結果的には良かったです。最近、黒田君もちょっとかっこよく見えてきました。ひまり、いいなぁ…。次の遊園地デートがどうなるか気になるところです!

ケダモノ彼氏(10)

ゆずぽんず     2018:11:10 21:34:58

黒田君のことを詳しく知る事が出来た10巻でした。後半では、まさかの行動に出る黒田君。これは大賀見くん、めちゃくちゃ怒るだろうなぁ。冷静そうなキャラだったので、こんなことするなんてちょっと驚きでした。

ケダモノ彼氏(11)

ゆずぽんず     2018:11:10 21:40:17

ついに家族にばれちゃいましたね。むしろ長く隠し続けられた方かもしれませんが…。寂しいですが、またまた離れてしまいました。そろそろクライマックスが近づいてきているのかなと思わせるような展開ですね。

ケダモノ彼氏(12)

ゆずぽんず     2018:11:10 21:43:42

一番最初の方の黒田君がかっこよすぎます!もう黒田君でいいんじゃないの?と思わず言ってしまいそうなほど。あんなにツンツンだったのに、めちゃくちゃ優しくて男らしい。またまた新キャラもでてきましたが、どうなることやら…。

ケダモノ彼氏(13)

ゆずぽんず     2018:11:10 21:47:18

ようやく最終巻です。最後はとんとん拍子と言うか、「あらっもうおわり!?」という印象でした。もっと深くまで掘り下げてくれると嬉しかったです。1巻の頃に比べると、だいぶ絵がうまくなったと思いました。

ハニーレモンソーダ(1)

ゆずぽんず     2018:11:10 21:56:43

他の作品にはない、暗いシーンなのに鮮やかに描かれている雰囲気が印象的でした。三浦くん、きれいで透き通ったようなキャラですね。主人公とは真逆のキャラですが、うまく進んでいくのでしょうか。

ハニーレモンソーダ 2

ゆずぽんず     2018:11:10 22:01:13

やっぱり主人公は、界くんが好きになったんですね。友達たちも、なんだかいい人みたいで安心しました。まだ界君はいろんな謎に包まれているので、はやく色々と明らかになっていってほしいです。

人気ユーザーランキング

ゆずぽんず

265件

少女漫画も少年漫画も、幅広く読みます!....

名無し

189件

....

mahoho

166件

宜しくお願いします!....

マホーン

152件

好きな漫画、読んだ漫画についてつぶやいていきます!宜しくお願いいた....

たなから水あめ

132件

宜しくお願いします。コメントテストです。....

人気漫画ランキング

ジャガーン 1

金城 宗幸/にしだ けんすけ

君に届け(1)

椎名軽穂

アイアムアヒーロー(9)

花沢健吾

闇金ウシジマくん(20)

真鍋昌平

バガボンド 37

吉川英治

キーワードから探す

少年マンガ (175) 青年マンガ (177) ギャグマンガ (9) 少女マンガ (60) バトル (63) ミステリー/ホラー (32) ビジネス (29) スポーツ (149) 歴史 (39) その他 (35)

著者から探す

おりもとみまな (1) 加賀やっこ (2) 小学館 (2) 高野 ひと深 (2) 山本英夫 (1) 赤松 健 (2) 鈴木ジュリエッタ (2) 諫山 創 (1) みもり/香月日輪 (1) 白石ユキ (4) 藤原ここあ (11) フジカワユカ/理不尽な孫の手 (4) 上原 求/新井 和也 (1) 鈴ノ木ユウ (14) 花田陵 (7) ひぐち アサ (2) 古味 慎也/HiRock (7) おげれつたなか (3) オザキ アキラ (5) 三条陸/稲田浩司 (1)