ComicSheep

コミックシープ - 漫画レビューの紹介コミュニティ

ログイン ユーザー登録

たなから水あめ

レビュー数

354件

宜しくお願いします。コメントテストです。

たなから水あめさんが投稿したレビュー/つぶやき

黒子のバスケ(1)

たなから水あめ     2018:07:22 00:37:58

全30巻でスラムダンク世代が懐かしがるバスケ漫画であり週間ジャンプ連載されていた作品ですがとても面白いです。高校生バスケを題材にしている漫画は多いですがこの黒子のバスケは各チームに強い選手が所属したりするので主人公チームとのバスケ試合での白熱した試合展開など毎回楽しめ良い。完結しているので一気読みも可。

恋は雨上がりのように 1

たなから水あめ     2018:07:22 00:44:54

今年アニメ化され実写映画化もされた作品の一つでおっさんと女子高生との恋愛漫画という少し変わった内容でした。 主人公の女子高生がおっさんに一途なところが良い。ただこれは恋愛漫画として読むより日常漫画と思って読むほうが良いのではないかと思います。

BORUTO-ボルトー 1 -NARUTO NEXT GENERATIONS-

たなから水あめ     2018:07:22 00:51:48

NARUTOが好きなので読みましたが、これはこれでNARUTOの次世代の子供達のストーリーは面白いです。NARUTOを読んだことのある方ならさらに面白くなる漫画だと思います。 絵はNARUTOに似ているのでNARUTOの作者が描いていると思ったが違っていて驚いた。

ちはやふる(1)

たなから水あめ     2018:07:22 00:56:08

小倉百人一首競技かるたを題材とした少し珍しい漫画。少女漫画でありながら王道な恋愛漫画となるのかと思いきや、かるた部を中心に描かれた青春漫画だった。 少女漫画だからと今まで敬遠していたが読んで良かった漫画の一つ。

金田一37歳の事件簿(1)

たなから水あめ     2018:07:22 01:05:31

あの金田一が37歳となって登場する漫画。漫画内容は高校生のころと同じで難事件を解決するといった内容かと思ったが37歳の金田一は謎解きを嫌がる。この理由が気になる。 あの金田一が普通にPR会社で働いているということに驚いたが、これは島耕作のようにこのまま年をとり続けても難事件に巻き込まれ続けるのだろうか気になる。

ダンジョン飯(1)

たなから水あめ     2018:07:22 01:10:36

ダンジョン内のモンスターを調理しおいしく食べながらタンジョン内部を進んでいくという内容の漫画。ダンジョン内の魔物の調理方法やレシピが詳しく描かれていたりしているが試せない。ダンジョン内で自給自足をするといった内容の漫画で面白い。ただなろう小説のような漫画なので嫌いな人は嫌いなのかもしれない。

ダンジョン飯(2)

たなから水あめ     2018:07:22 01:13:43

このダンジョン飯に出てくる料理は本当に美味しそうに見えるから困る。よくある食漫画であるかのように淡々とダンジョン内のモンスターを調理していくのが面白い。ダンジョン内のモンスターの生態なども詳しく描かれておりTRPGのように進んでいく物語が今後も気になる。

ダンジョン飯 3巻

たなから水あめ     2018:07:22 01:20:03

巻が進むごとに主人公達はダンジョンをどんどん進んでいく。それに伴い調理され食べられるモンスターも様々なものになってきた。水エリアで魚人の頭に生えている水草でおかゆを作る漫画と言われると一体何を言っているのかと二度聞きされてしまう漫画である。寄生虫の蒲焼きは食べてみたいと思ってしまった。またカエルスーツを・・・

ダンジョン飯 4巻

たなから水あめ     2018:07:22 01:23:26

ついにレッドドラゴンを倒し食べる。これでこのダンジョン飯は終わりだと思ったがこれは序章に過ぎなかった。この巻はコメディー要素よりシリアス要素が多くなっており今まで読んでいたダンジョン飯とは一味違う巻だった。これからどうなるのか楽しみだ。

ダンジョン飯 5巻

たなから水あめ     2018:07:22 01:28:01

前回の巻から巻が進むごとに料理シーンが少なくなってきている。ダンジョン飯という漫画タイトルではあるが飯があまり出てこない巻だったが、石化された仲間を料理に有効活用するのはダンジョン飯ならではなのではないだろうか。

ダンジョン飯 6巻

たなから水あめ     2018:07:22 01:32:27

この巻になってさらに飯メインではなくなったダンジョン飯。この巻では黒魔術に関してのことや倫理観などについて作中でよく話されている。料理はしないがダンジョン飯の物語はどんどん進んでいく。今までが遅すぎたのかもしれないと思うほどだった。今後どうなるのか楽しみだ。

インベスターZ(1)

たなから水あめ     2018:07:22 01:37:22

最近実写ドラマ化もされた漫画作品。ドラマをみて気になり購入して読んでみたが、投資を知らない人でも楽しめる漫画なので話が進んでいくことにどんどんワクワクしてくる漫画であると言えます。投資のことを楽しく学べる漫画として読むならありなのかもしれない。

インベスターZ(2)

たなから水あめ     2018:07:22 01:41:45

この漫画を読んでいるとどんどん読み進めていきたくなる。1巻ではまだ序盤で物語が始まったばかりであったがこの巻からは投資について切り込んだ話を描いているが初心者でもわかりやすく楽しく読み進めることができる。巻末で解説もあるのでさらに投資などについて分かりやすくてよい。

インベスターZ(3)

たなから水あめ     2018:07:22 01:47:12

この巻は株取引について描かれていたが分かりやすく身近にあるものをたとえで使っているため株取引等がわからない人でも読んでいて苦にならずどんどん先を読みたくなる知りたくなる漫画だ。子供のころからしっかりとした金銭感覚を身に付けておく、また身につけさせるのはとても重要なことだということが分かって良かった。

インベスターZ(4)

たなから水あめ     2018:07:22 01:53:21

投資をするにあたっていかに情報収集が大切かということがこの巻でよく分かりました。内容も近年のものを例としてあげていたりと、飛行機はなぜ飛ぶのかやiPS細胞などを例題にあげているので分かりやすく理解しやすかったです。OSトロンのことなども書かれておりとても面白い巻でした。

インベスターZ(5)

たなから水あめ     2018:07:23 00:05:11

この巻では投資部の歴史について話している回が多く、今まで知らなかった過去のことを知る展開が多かった。就活講演の話は学生のときに知りたかった内容だった。漫画版ビジネス投資本としてはこの本は初心者にも読みやすい本だと思う。

インベスターZ(6)

たなから水あめ     2018:07:23 00:10:11

この巻ではベンチャー企業で成功するためにはどうすればよいのかや高度経済成長の実態の話など。常に一番手でなくては意味がなくファーストペンギンになることの大事さを教えてくれる内容であった。リスクを取った分だけリターンは多くなる。

インベスターZ(7)

たなから水あめ     2018:07:23 00:16:20

この巻では巨人の肩にのる、バフェット、ミドリムシについての話。様々なことは先人から学べる事が多くよく下調べをすることも大事であるが行動力こそが最も重要なものであると考えさせられた。巻が進むごとに投資や金融リテラシーに関してどんどん学んでいけることができるこの漫画はいいものだ。

インベスターZ(8)

たなから水あめ     2018:07:23 23:29:43

この巻は投資部合宿の話とベンチャー村へ行く話が全般。この巻で有名なあの話がでる。「美人と付き合えるのは、美人に告白した人だけ。」これはまさしくその通りなのである。ベンチャー投資についてをこの巻で掘り下げて書いているので読んでも損はない。

インベスターZ(9)

たなから水あめ     2018:07:23 23:33:33

この巻では財前の過去の話とDMM創業の回。今までは一つ一つの話で物語が進んでいたがこの巻からは並行して物語が進んでいく。ついつい前の目にりになって読みふけってしまう内容の巻だった。今後投資部はどうなっていくのか気になる。

インベスターZ(10)

たなから水あめ     2018:07:23 23:36:48

この巻では貧乏父さん金持ち父さんの話。FXの投資についての話とブルとベアの対決の話がメインだった。経験値ゼロと経験豊富な者が戦うとどちらが勝つのか。破産まっしぐらな内容となっていた。FXについての知らなかったことを知ることができる巻だった。

インベスターZ(12)

たなから水あめ     2018:07:24 21:16:31

この巻では四季報、種子島鉄砲、老舗についての話。四季報だけがすべての上場企業の詳細な情報が載っているということが分かった。後は老舗が何故現代でも通用し企業競争を生き残っているかなどについてや地方再生についても興味深い話がされている。

インベスターZ(13)

たなから水あめ     2018:07:24 21:19:58

この巻ではZOZO TOWNが出てくる。会社のパソコンをなくそうとする話は興味深く考えさせられる。机の上に何もない状況で自分は次に何をすればよいのか今何をするべきか。現代でシンプルイズベストでどこまで通用するのか見ものである。

インベスターZ(14)

たなから水あめ     2018:07:24 21:24:09

この巻では不動産投資について。不動産投資についてよく話されており参考になる話が多かった。持ち家神話は当てはまらない。ローンで家を持つということは考えていた以上にリスクを伴うものであることを改めて知ることができた。株は一度売ったら後はその株について考えない。心の中から消す。

インベスターZ(15)

たなから水あめ     2018:07:25 09:47:01

この巻でようやく不動産対決が終わる。最後の戦いは利益度外視の戦いだった。心による決着をする。ルールは変わり、ルールは作ることができる。なんともむちゃくちゃな展開ではあったがよくできた話でもあった。感動はルールをも変えてしまうのだ。

インベスターZ(16)

たなから水あめ     2018:07:25 09:49:45

この巻では保険についての話。保険に加入するかどうかの話をしていたのにいつの間にか入ることを前提にした話になってどんどん進んでしまっていた。これは恐ろしい話だがこの漫画のようなことは現実でもよくある。保険の胡散臭さを角度を変えた切り口で伝えていた巻であった。

インベスターZ(17)

たなから水あめ     2018:07:25 09:52:32

この巻はリーダーの話だった。ここにきてリーダー交代。トップが代わる際の鉄則が分かる。たかが金でありされど金であるのだ。この言葉には考えさせられることが多々ある。この巻では感情の扱い方についての話でもあった。個人に説明責任等ないのだ。

インベスターZ(18)

たなから水あめ     2018:07:25 09:56:13

この巻では癌治療についての話や格差についてなど。いかにがん治療にお金が使われているかなどがよく分かった巻だった。巻末の医療コラムもとてもよく分かりやすく解説していてとてもよかった。重粒子線ガン治療について知れてよかった。格差はなくすことは難しいが、格差があることによって反発しあい競争心を生み成長していくのだ。

インベスターZ(20)

たなから水あめ     2018:07:25 10:07:37

この巻はどんどん他の巻よりも進むスピードが速かった。不利な状況からどんどん理性を失ってしまう。そのため一度離脱してしまうが、また戻ってくると言った場面がある, だがこの離脱がよかった。そこから形勢を変えることができ逆転へとつながった。時価総額や心理戦についての巻だった。

インベスターZ(21)

たなから水あめ     2018:07:25 10:11:41

ついにこの巻でインベスターZは完結してしまった。投資部の存続を賭けた戦いは幕を閉じた。始めは強引に投資部に入部させられた主人公がどんどん巻き込まれていくが実は結構つながりがあるといった内容のストーリーであった。このインベスターZを読んで投資から株式・保険・土地など様々なことについて知り学ぶきっかけとなった漫画だった。

ハイキュー!!(1)

たなから水あめ     2018:07:25 10:16:42

この巻は絵がまだ上手くなく読みづらい個所がいくつかある。ジャンプで連載しているだけあってスポーツの王道作品だった。このころはまだ仲間内でのぎくしゃくとした感じがあり昔はこうだったなと改めて読んでみると面白かった。ここから主人公達がどんどん成長していくのを観ることができる巻だ。

ハイキュー!!(2)

たなから水あめ     2018:07:25 10:19:18

この巻ではまだ人物紹介がメインでそこまで物語は進んではいかない。だがこの巻でほぼほぼの人物紹介は終わったため次巻から物語がやっと進んでいく感じがした。練習試合での一コマでは笑ってしまった。ギャグ漫画ではないがこのようなことをちょくちょく入れてくれる漫画だ。

ハイキュー!!(3)

たなから水あめ     2018:07:25 10:22:22

いつの間にか2年生部員が増えていたりするがこれはまだ初め部分だからか。部員全員が自分のポジションに自信を持っていることがよくわかる。各個人プレーが上手くてもチームプレーではうまく機能しない。チームいプレーの難しさがよくわかる話だった。

ハイキュー!!(4)

たなから水あめ     2018:07:25 10:26:36

この巻で主人公達のライバルが出てくる。ライバルは多いが音駒のチームはライバルとして互いを高め合ういいチームとなるのだろうか。このライバルは他のライバル達とは違ってよくキャラがたっているから見ていて分かりやすい。俺達は血液だ。の意味が分かった。

ハイキュー!!(5)

たなから水あめ     2018:07:25 10:30:57

少しずつ成長していく過程をこの巻で再度見ることができる。主人公達だけではなく他のチームや部員達の物語もあるのだ。インターハイの地方予選トーナメントの巻であり、勝ち進んでいくチームがあれば負けてインターハイ出場を逃すチームも出てくる。脇役とされるチームの話も見たいと思った。

ハイキュー!!(6)

たなから水あめ     2018:07:25 10:36:32

この巻ではバレーでの勝負の仕方などを詳しく知ることができる。セッターは色々考えながら瞬時に状況を判断し指示を出さなくてはならない。セッターへの信頼があるチームとないチームとの差がよくわかる。まだ活躍の薄いチームメイト等がいるがどんどん成長していくのを見ることができる巻でもある。

ハイキュー!!(7)

たなから水あめ     2018:07:25 10:39:20

この巻はいいところで終わる。早く城西との試合の続きを見せてくれと思うほどだ。プレイしている者だけがすべてではないベンチでもチームなのだ。試合もどんどん進んでいき熱い展開となってくる。これから先どうなるのかなど気になることがたくさん出てくる巻だった。

ハイキュー!!(8)

たなから水あめ     2018:07:25 10:44:06

この巻でついに城西戦の決着をする。そしてピンチサーバーが登場する回だ。このピンチサーバーの登場で展開が大きく変わる。バレーをよく知らない詳しくないキャラを登場させて読者に対してのバレーの説明をするなどするのでバレーのルールが分からない読者にも優しい。

キングダム(40)

たなから水あめ     2018:07:25 10:50:06

この巻でようやく政と呂不韋最終決戦となった。40巻にも及ぶ権勢争いがついに幕を閉じる。多くの仲間を失いながらも前に進んでいく信や政だち。自分の代ですべて終わらせると宣言した政はこのあとどうなっていくのかまた信は将軍になれるのかまだ目が離せない展開が多い。

キングダム(41)

たなから水あめ     2018:07:25 10:54:57

この巻でカバーデザインが変わったのが分かった。新章がスタートした。一段落したと思ったらまた新たな問題が出てきてしまう。キングダムは他の漫画とは違い展開が速くどんどん進んでいく漫画であるためどの巻も面白くて読みやすくてとてもよい。これからも楽しみだ。

キングダム(42)

たなから水あめ     2018:07:25 10:59:11

毎回読み終わると速く次の巻が読みたくなる漫画だ。強い仲間が登場したり加わったりすると今まで仲間だったメンバーの活躍が薄くなったりすることが多いがそんなことはなかった。脇役であっても活躍させる、する。それがキングダムなのだと改めて思った。

キングダム(43)

たなから水あめ     2018:07:25 11:04:24

この巻で黒羊戦ついに三日目に突入する。桓騎の戦略は仲間からも理解されないほどすごい。常人には理解できないのだ。むちゃくちゃな戦法だとされるがしっかりとそれで成果を上げる。だから誰も文句も言えない。毎回手に汗握る戦いで目が離せない。

キングダム 44

たなから水あめ     2018:07:25 11:07:45

この巻の前半は爽快感があるが後半は後味の悪い感じとなっている。あまりにも残酷すぎる内容で桓騎の残酷さが改めて分かる巻であった。だが信はどんどん強くなっていることが分かる巻でもあり今度どうなるのかなど気になる巻でもあった。

キングダム 45

たなから水あめ     2018:07:25 11:11:10

この巻で黒羊丘編がついに終幕する。この巻でも桓騎の戦い方のすごさが分かる。桓騎について多くのことは垢らされることはなかったがまた巻が進むにつれて桓騎のことを知る機会があるのかどうかキングダムを読む楽しみの一つとなった。

キングダム 46

たなから水あめ     2018:07:26 20:03:27

この巻で鄴攻略戦編と新たな物語がスタートし新キャラの登場。矛を譲り受けた信の成長っぷりがよくわかる巻だった。この巻は戦闘シーンはあまりなくたんたんと物語が進んでいく。これから先も信たちの成長がどうなるのか楽しみだ。

キングダム 47

たなから水あめ     2018:07:27 20:49:53

この巻はまだ鄴攻略戦の巻。この巻で列尾を出発してしまった秦軍はもう後戻りすることができなくなってしまった。もう進んでいくしかない、負けられない。王翦将軍の決断は吉と出るのか凶と出るのか。次の巻が楽しみである。弱点のある城を作るということは今後どうなるのだろうか。

キングダム 48

たなから水あめ     2018:07:28 23:31:20

この巻はまだ趙国の副都市鄴攻略戦途中。鄴を落とすために王翦の打ち出した策は兵糧攻めだった。兵糧攻めは古典的でもっとも効率のいい方法なのかもしれない。兵糧攻め作戦のため蒙恬がしっかりと役割を果たす。さすがだ。この先どうなるのか楽しみだ。

キングダム 49

たなから水あめ     2018:07:29 21:28:13

この巻はまだ趙国副都市の?攻略戦の話。初日からほぼ激戦続きの巻で読んでいても飽きない巻でありどんどん引き込まれていく。そして、蒙恬が三人の中で一番初めに大将軍になる。主人公である信よりも先に大将軍になるとは。次に大将軍になるのは信なのか王賁なのか?これか先のキングダムも楽しみだ。

キングダム 50

たなから水あめ     2018:07:30 22:25:31

この巻は飛信隊の活躍がよく見られる巻だった。王賁がピンチになった時に助けに来る信を見て久しぶりにこんな展開を見た気がした。信のかっこよさを改めし知ることのできた巻でもあった。そしてキングダム実写映画化決定。どんな実写映画になるかこれから楽しみでもある。

キングダム 51

たなから水あめ     2018:08:01 18:16:11

この巻はどんどん秦国が疲弊していく巻だった。秦国は兵糧攻めをされてしまい兵力でも敵国に押されていく。窮地に立たされる秦国であるが士気だけは下がらない。この状況下でもまだ勝チャンスをうかがっているのか?いったいどんな秘策があるのか次の巻が楽しみでしかたがない。

ヨルムンガンド(1)

たなから水あめ     2018:08:02 19:35:41

武器商人としてビジネスをしながら転々と主人公は世界各地を旅をする漫画。この漫画の絵は少し癖のある絵であるがゆえに人を選ぶのかもしれない。毎回ギスギスとした話と言うよりはコミカルなギャグ要素ありの漫画でした。まだ1巻と言うこともあり物語はそこまで進まず説明と言ったところ。

ヨルムンガンド(2)

たなから水あめ     2018:08:04 15:59:19

この巻は殺し屋オーケストラ編の話。チナツというキャラが回に出てくるが嫌な奴と言うわけでもなく、良いキャラだった。このような武器商人の漫画で出てくるのが珍しいほどのキャラだったのではないかと思う程。初めの巻が説明よりだったこともあり2巻目からは話はどんどん進んでいき読みやすくなった。

ヨルムンガンド(3)

たなから水あめ     2018:08:04 16:02:38

この巻は主人公の仲間のヨナの過去が分かる回。なぜ少年のヨナが少年兵になったのかが明らかになり少しずつまた物語が進んできた感じがした。バルメの過去にも少しふれたところでこの巻が終わってしまい早く続きが読みたいと思う所で終わってしまった。ヨナとココとの出会いは運命だったのか必然だったのか。

ヨルムンガンド(4)

たなから水あめ     2018:08:04 16:06:20

この巻は元女優とのバトル回。武器商人として元女優のトロホブスキーに勝つことができるのかどうかという話でどんどん展開していく。その間にルツがいじられる巻でもある。戦争中の両国に武器を売りつけるのはどうなのだろうか。駆け引きの面白い巻であった。

ヨルムンガンド(5)

たなから水あめ     2018:08:04 16:09:35

武器商人という間柄さまざまな物を売るが損失がでたりはあまりしない。常に主人公ココの常勝。この巻では元砲兵部隊所属のマオの過去回でもある。どんどん仲間の過去が明かされていくがまだまだと言ったところ。この漫画はスピード感がありあっさりと読み終えてしまうほどだ。

いぬやしき(1)

たなから水あめ     2018:08:04 16:14:04

アニメ化や実写映画化もされた漫画の1つ。この巻ではおじいちゃんが最終的にガンツみたいになる。いや、なった。サラリーマンの悲しい物語なのかと思ったが違った。病気持ちであちこちガタがきておりそれでもってガン宣告されて余命3ヶ月。そんな中、事故に巻き込まれ改造人間にされてしまう。ぶっ飛んだ内容だ。

いぬやしき(2)

たなから水あめ     2018:08:04 16:17:13

もう自分は人間ではなくなってしまったと考えるもう一人の主人公の獅子神と同じかけがえのない存在のいぬやしき。事故に巻き込まれたのは一人ではなく二人だった。人助けをするいぬやしきとは反対に悪いことを繰り返す獅子神。両極端な考え方でもあるが分からなくもない所がある。

いぬやしき(3)

たなから水あめ     2018:08:04 16:22:09

この巻はいぬやしき中心の回。ヤクザ相手でも怖いものはないが胸糞悪い巻でもある。この巻でのいぬやしきはほぼ常に服が破れたため上半身裸だった。もしヤクザにシャブ漬けにされた女の人を助けたのが獅子神だったのならもっと違った方向に進んでいたのかもしれない。

いぬやしき(4)

たなから水あめ     2018:08:04 16:25:45

この巻で獅子神の友達である安堂という男が犬屋敷と接触しコンタクトをとる。獅子神とは違い人助けに力を使う犬屋敷に心打たれて犬屋敷の助手となる。この改造人間はカスタマイズができることを知り、色々と試していく。獅子神の過去も少し分かる。ただのアンチヒーローではないのかもしれない。

いぬやしき(5)

たなから水あめ     2018:08:04 16:29:04

この巻でついに獅子神もこの力をよいことに使いだす。だがこれは少し彼には遅すぎたのだ。この巻まで読んだが最後どうなるのかまったく予想がつかない。読んでいてどんどん先が気になる展開だ。あの力は画面越しでも使えるという無敵な力そのものと言うこともわかった。

いぬやしき(6)

たなから水あめ     2018:08:04 16:32:51

前回の巻で完全に悪側へといってしまった獅子神。もう誰も彼を止めることはできない。獅子神を匿ってくれていた場所には機動隊が襲撃をし匿ってくれていた同級生とその祖母を気づ付けてしまう。この巻で犬屋敷の娘に改造され普通ではないという正体がばれてしまうが、親子の距離は少し縮まる。

いぬやしき(7)

たなから水あめ     2018:08:04 16:35:21

この巻は犬屋敷も獅子神も同じ力を持っているはずだが獅子神の方が上手くこの力を利用しているようにも感じる回だった。やはり若者の方がゲーム感覚で物覚えが良いのだろうか。そしていよいよこの巻で犬屋敷VS獅子神の戦いが始まる。待ちに待っていた展開に読んでいて面白かった。

いぬやしき(8)

たなから水あめ     2018:08:05 23:45:41

この巻は戦闘シーンばかりだ。戦闘シーンばかりではあるが疾走感もある。物語がついに後半戦に入った感じがした。獅子神に邪魔されながらも犬屋敷は娘の麻理を最後は救出できたのでよかった。この巻は読み終えるのが他の巻より少し早かった気がした。

いぬやしき(9)

たなから水あめ     2018:08:06 21:29:17

この巻で犬屋敷の正体が世間にばれてしまう。獅子神によって重傷になった人々を助ける犬屋敷の姿がSNSで拡散され正体がばれるという今風のバレ方だった。次の巻で最終巻であるがどのようにして隕石の落下を防ぐのか結末が楽しみである。

いぬやしき(10)

たなから水あめ     2018:08:08 00:11:59

この巻でいぬやしきは最終巻で終わった。他の漫画に比べてどんどん物語が進んでいき展開が速かった漫画だったと思う。一応ハッピーエンドではあるがみんなが幸せになり終わるハッピーエンドではなかった。犬屋敷が世界を救うのかと思ったが悪だった獅子神が世界を救うという展開。悪は滅び世界は救われたではないがハッピーエンドだ。

オーバーロード (10)

たなから水あめ     2018:08:09 22:26:54

この巻は王国編の続きでクライムの成長編と言ったところか。セバスの強さが段違いで強さのバランスが崩壊していると言っても過言ではない。これからクライムがどこまで強くなれるのかまたセバスでも敵わない敵が現れるのかが見ものである。

約束のネバーランド 1

たなから水あめ     2018:08:11 00:32:49

楽しいファンタジー物かと思っていたが違った。農園と言われる場所から子供達が脱出しようとするが脱出することがなかなかできない。頭脳を駆使して脱出しようとするが難しい。鬼と呼ばれる存在がいったい何なのかあまり語られていないが今後物語が進むにつれて明かされるだろうと思うと楽しみだ。

アイアムアヒーロー(1)

たなから水あめ     2018:08:11 11:25:07

映画化もされた作品の一つでこれは面白いマンガだ。売れない漫画家が主人公の作品。突如世界がゾンビだらけになりそんな中で必死に生きていく様子が垣間見える。ゾンビ作品でよくある死者がゾンビになって生き返ると言ったことのない作品だ。これからどう物語が進んでいくのか気になる。

アイアムアヒーロー(2)

たなから水あめ     2018:08:11 11:27:53

今まで住んでいた場所がゾンビだらけになっていく。人々はパニックを起こしなが必死に逃げ回る。そのような描写がよく描きこまれていて読んでいてどんどん作品に引き込まれる。主人公の恋人もゾンビになってしまうがそこには主人公へのゾンビになってもある愛情が分かるシーンがありとてもよかった。

アイアムアヒーロー(4)

たなから水あめ     2018:08:11 11:32:41

ゾンビの感染力がありどんどん広がっていく。だが政府はこれを認めない。政府はこれを多臓器不全及び反社会性人格障害として認定するだけ。感染力が強いゾンビではないのだ。この時点でもう国がこのゾンビ観戦について対応できていないことが良く分かる。この巻はテンポが良くどんどん物語が進んでいく巻だった。

アイアムアヒーロー(5)

たなから水あめ     2018:08:11 11:35:19

この巻でZQNというワードが登場する。これはゾンビに対するワードであり今後ゾンビに対する呼び方はZQNになっていく。特に根拠があるわけではないが高い所へ避難しようとして富士山に登る。そしてこの巻では主人公と一緒にZQNから逃げていた女子高生の比呂美もZQNになってしまう。これからどうなっていくのか楽しみだ。

アイアムアヒーロー 6

たなから水あめ     2018:08:11 11:43:04

この巻で定番のアウトレットモールが出てくる。よくホームセンターやショッピングセンターと言った場所で食料を片っ端からカートに詰め込んでいったり武器を作ったりするゾンビ作品特有のあれがこの漫画でも登場する。だがアウトレットモールは感染していない人達でいっぱいで屋上でみんなで生活しているがどんどんギスギスしてくる。

アイアムアヒーロー 8

たなから水あめ     2018:08:11 11:48:28

この巻でアウトレットモールから脱出する。アウトレットモールはZQNだらけになってしまい崩壊する。崩壊するなかで必死にZQNと戦う主人公達。この巻でかっこよかったのは荒木だろう。子供を守るために焼死する。なかなかできることではない。主人公も銃も構え撃つ場面になると冷静になり淡々とZQNを倒していく。

アイアムアヒーロー(9)

たなから水あめ     2018:08:11 11:51:17

この漫画のいいところと言うか面白い所は毎回食料などを調達する際にお金を払って持っていこうとするところ。周りにはZQNだらけで誰もいないお店等でも必ずお金を置いていく。主人公のいいところが垣間見える。そしてこの巻で日本だけではなく世界中でZQNが増えて言っていることが分かる巻だった。

アイアムアヒーロー(10)

たなから水あめ     2018:08:11 11:55:28

この巻で比呂美に刺さっていた釘をとる手術も終わり一安心。ZQNではあるが脈もあり麻酔も効く。他のZQN達とは少し違う。そしてクルスと言う男がこの巻で出てくる。ZQNだらけのため外に出られない人達がネット掲示板で助けを求めたり状況報告などするがなぜ電気や回線が止まっていないのかなどはまだ分からないままだ。

アイアムアヒーロー(11)

たなから水あめ     2018:08:11 11:59:40

この巻からクルス編が始まる。ネット上で助けを求める人たちを救っていくクルス達。普通にZQN達をどんどん倒していく強さを持っている。ZQNを捕まえ監視しどのような生態なのか等も調べようとしたりもする。これからどんどんZQNについて知ることができるのだろうか。

アイアムアヒーロー(12)

たなから水あめ     2018:08:11 12:02:38

この巻はおばちゃんの強さを再確認できる。強すぎる。銃を持った主人公と同じくらいの強さなのか。そしてクルスも強い。人間離れしている強さを持っている。この巻で学校に逃げるが学校もZQNだらけだった。ZQNを捕まえてはどのようにしてZQNを倒すか等の練習に利用するといった方法をとっていた。

アイアムアヒーロー(13)

たなから水あめ     2018:08:11 12:07:14

この巻の前半は外国でのZQN回。そして後半が主人公達の回だ。人ではなくZQNではあるがZQNを殺すことに躊躇いを覚える主人公。これが主人公の優しさなのかもしれない。比呂美の手術成功を祝うために熱海の温泉を目指すことになる。混浴の夢が叶うのかどうか次の巻が楽しみだ。

アイアムアヒーロー(14)

たなから水あめ     2018:08:11 12:12:03

この巻で銃の弾の補充をおこなう。比呂美が怪力であるがために弾の補充ができた主人公であったがその場にあった弾すべてを持っていこうとしたりはしない。そこでライフルをもう1丁手に入れ2丁となった。だが変な体をしたあいつらに主人公は半分飲みこまれてしまう。混浴どころではなくなってしまう。

アイアムアヒーロー(15)

たなから水あめ     2018:08:11 12:16:02

この巻は主人公の優柔不断なところがよく出てくる。女子だけだと決断が速い分主人公の決断の遅さや優柔不断さが良く分かる。そしてこの巻で小田の妊娠が発覚する。足手まといにならないように別行動をしようとするのだが。ZQNの正体はまだあまり分からないまま物語が進んでいく。これから先どうなるのか。

約束のネバーランド 2

たなから水あめ     2018:08:11 12:20:59

内通者がまさかの展開。子供が生き延びるために大人と駆け引きをする瞬間は読んでいてハラハラする。農園を脱出するために計画を練る。全員で脱出することはできるのか、また大人にばれずに農園を脱出できるのかどうかこれから先が楽しみだ。

約束のネバーランド 3

たなから水あめ     2018:08:11 12:24:27

シスターとママの背景が良く分かる巻。まさかここでシスターが死んでしまうとは。どんどん人が死んでいく。少しペースが速いのではないかと思うくらいだ。この心理戦を勝利するのは大人なのか子供なのか。ママの怖さが良く分かる巻だった。

銀の匙 Silver Spoon 1

たなから水あめ     2018:08:12 19:41:52

この漫画は酪農漫画と少しあまりなかったような漫画だ。自分の居場所がなかった主人公が酪農高校に入り自分の居場所を探す。北海道の農業高等学校を舞台とした学園漫画というだけありこの漫画を読んで酪農について学べる。今まで知らなかった酪農についても知ることができた。

銀の匙 Silver Spoon 2

たなから水あめ     2018:08:13 19:34:02

この巻はピザ回といえばいいのか、石窯で本格的にピザを作っていく。たくさんの食材のあるエゾノーで作るピザはとてもおいしいだろう。グルメ漫画ではないがとてもおいしそうなピザが出てきた。八軒はこれから両親とどうやって向き合っていくのかこれも見どころである。

センセイ君主(1)

たなから水あめ     2018:08:13 23:52:10

生徒と教師の恋愛ものの少女漫画。よくあるパターンの少女漫画だが一癖も二癖もある漫画だった。最近では少女漫画でも少年漫画のような変顔があったりと面白い。実写映画化もされた作品であり女性だけでなく男性も読んで楽しめる作品だった。

センセイ君主(2)

たなから水あめ     2018:08:13 23:56:48

この巻は少女漫画であるがギャグ漫画のような話が多かった巻。だが後半ではしっかりと少女漫画になっていた。ヒロインの変顔は面白い。虎竹は良い奴なんだなと思った。さまるを好きになる理由もよくわかる。続きが気になる少女漫画だ。

センセイ君主(3)

たなから水あめ     2018:08:13 23:59:16

意外と速かったと思う。まだ引っ張るのかと思ったが意外や意外あっさりと・・・だった。だが生徒と先生という立場なのでなんらかの問題がこれから待ちかまえているのではないのだろうかと思うとそこが続きが楽しみと思うのでもある。

センセイ君主(4)

たなから水あめ     2018:08:14 00:02:45

なぜ寝てる時に鍵を閉めないのか、でも閉めていなかったからこそ物語が進むのかもしれない。虎竹のやさしさが分かる巻でもあった。漫画特有の両親が海外転勤で一人だけ日本に残る。親戚の家に預けられると言ったこともなく。だが面白い。

センセイ君主(5)

たなから水あめ     2018:08:14 00:05:01

わざわざシンガポールにまで一緒に来てくれる先生などいるのだろうか。良い先生だ。シンガポールで両親とご対面は今後の展開からもよかったのかもしれないと考えられる。この巻でも変顔は健在である。変顔はもうこの漫画ではなくてはならないものになってきている気がする。

センセイ君主(6)

たなから水あめ     2018:08:14 00:07:28

この巻であらたなライバルが登場してくる。館くんが噛ませ犬のような感じでフェードアウトしたと思ったら次の敵は強そうな感じのするやつだ。秋香さんは手強そうだが今後どうなるのだろうか。続きが気になる展開であるがはたして。

センセイ君主 7

たなから水あめ     2018:08:14 00:10:17

虎竹はいいやつすぎるのかもしれない。もう虎竹で良いのではないかと思ってしまうほどだ。虎竹の言うことは的確すぎる。捨て身で追いかけるのに取るつもりはなさそうな秋香さん。またこじれにこじれそうで読んでいて胃が痛くなる。だが続きは気になる。

センセイ君主(8)

たなから水あめ     2018:08:14 00:13:11

この巻は温泉旅行巻。いつのまにかさまるにセンセイが振り回されているような感じがする。自分の気持ちを素直に伝えたことによって仲直りしたのはとてもよかったのではないだろうか。やっぱり虎竹がいい男すぎてだめだ。

センセイ君主(9)

たなから水あめ     2018:08:14 00:16:44

今回はこの漫画に欠かせないものとなった変顔が少なかったような気がする巻だった。大きなトラブルや問題が起きると言ったこともなく淡々と話が進んでいく巻だった。この巻で新キャラも登場するがこの新キャラがまたかき乱すのだろうか。続きが気になる。

センセイ君主 10

たなから水あめ     2018:08:14 00:19:58

さまるの性格が丸くなったような気がする巻。この巻はさまるの成長をみることができる巻でもあった。最初に比べるとセンセイは甘くなったのではないかと思う。これもセンセイがさまる同様に成長しているからかもしれないな。

センセイ君主 11

たなから水あめ     2018:08:14 00:22:20

この巻はプロポーズ巻だった。先生のお母さんは面白かった。飛んでいる。さまるの持ち前の明るさで何とか乗り切ったような感じがしたがまだまだこれから先も問題が起こりそうだ。これから先も面白い展開になっていきそうで楽しみだ。

センセイ君主 12

たなから水あめ     2018:08:14 00:25:15

この巻はジェットコースター回のある巻。あゆはがついに卒業。追試を3回もした生徒を今後忘れることはないだろう。弘光先生がさまるのことを好きなことがよく伝わってきた。驚くほどスムーズに結婚までいってしまった。途中で何か問題が起こるのではないかと思っていたがそんなこともなかった。

センセイ君主 13

たなから水あめ     2018:08:14 00:27:59

さまるもセンセイも良いキャラだ。少女漫画だがギャグあり変顔ありという漫画でありとても楽しめる漫画だった。弘光先生がかっこよすぎた。最終巻まで安心して読めるハッピーエンド少女漫画だったのではないかと思う。先生のスピーチはよかった。

黒崎くんの言いなりになんてならない(1)

たなから水あめ     2018:08:14 00:31:22

オレ様系なんだけどさりげない優しさを持ち合わせているところがいいのか。この漫画も親の転勤で寮生活とあるある展開であるがだがこれがいい。どんどん黒崎くんに惹かれていくのが良く分かる。腹黒な白河くんと今後どのように物語を進めていくのか気になる。

黒崎くんの言いなりになんてならない(2)

たなから水あめ     2018:08:14 00:33:55

白河くんは腹黒すぎるのではないだろうか。黒崎くんは白河くんに比べてぶっきらぼうな感じではあるが根は良い奴。優しい奴なのかもしれない。白河くんと比べるとだが。だがどちら腹黒い奴なのかもしれない。まだまだよくわからない。これから先どうなっていくのだろうか気になる。

銀の匙 Silver Spoon 3

たなから水あめ     2018:08:15 22:21:40

この巻は豚丼の話の巻。この豚丼の話が銀の匙ではとても大切な内容となっていると言っても過言ではないだろう。自分で育てた豚を出荷し買い取り食す。生きていく中でとても大切なことであるが直面してしまうと少し躊躇してしまうところとかよく描かれている。

銀の匙 Silver Spoon 5

たなから水あめ     2018:08:16 19:39:41

この巻は青春漫画というべき巻だった。他人から頼まれごとを断りきれない八軒だがこれでいいのかと悩み始める。学園祭に向け準備を始めるが激務が続いてしまう。次回の巻の学園祭ではどうなってしまうのか気になる。青春を楽しんでいる感じがしてとてもよい巻だった。

黒崎くんの言いなりになんてならない(4)

たなから水あめ     2018:08:16 22:58:28

白河くんの別荘へ行く巻。どちらの両王子は金持ちだった。白河くんは短気ですごくイジワルなキャラであるがそこが良いのかもしれない。あの新聞記事は今後関係していくのだろうか気になってくる。白河くんの行動には裏がありそうだ。今後に期待する。

黒崎くんの言いなりになんてならない(5)

たなから水あめ     2018:08:16 23:00:46

この巻は体育祭編と言った方がいいのか、青春巻だった。黒崎の父は一体どんな人物なのだろうか出てきたがまだ謎な部分が多くよくわからない。いったい何者なのだろうか、今後どのようにしてかかわってくるのか気になってくる。

黒崎くんの言いなりになんてならない(6)

たなから水あめ     2018:08:16 23:03:21

水族館からの天候が悪くなりホテルに宿泊するといったよくあるシュチュエーションだがこれもまた良い。そしてこの巻で由宇は自分が黒崎のことを好きだと自覚する。どんどん物語が進んでいく感じがする巻でもあり今後が楽しみだ。

黒崎くんの言いなりになんてならない(7)

たなから水あめ     2018:08:16 23:05:58

この巻は終始、黒崎くんと由宇は良い雰囲気であったと言える。これは両想いになったということなのだろう。芽衣子との問題であった友情問題はあっさ解決してしまう。よかったのかもしれない。だが白河くんは今後どうなるのだろうか気になることの一つである。

黒崎くんの言いなりになんてならない(8)

たなから水あめ     2018:08:16 23:08:24

この巻は過去編の話が出てくる。この巻で白河くんは黒崎くんのことが好きだったと言うことが分かった。いつも目標にしているのが黒崎くんだったのだ。何でもできてしまう黒王子と努力して黒王子に追いつこうとする白王子。今後どうなっていくのか楽しみだ。

黒崎くんの言いなりになんてならない(9)

たなから水あめ     2018:08:16 23:11:08

険悪モードだった黒崎くんと白河くんだったがスキー場での事件ですんなりと仲直りすることになる。黒王子の素直じゃないところがまた良いのかもしれない。やっと黒崎くんとの思いが通じた由宇だが今後白河くんに邪魔されずにいけるのかどうか気になるところだ。

黒崎くんの言いなりになんてならない(10)

たなから水あめ     2018:08:16 23:14:19

付き合いだしても冷たい態度をとる黒崎くんに由宇のわずかな表情の変化に動揺したりする黒崎くんの姿が見られる巻。また登場した黒崎の父親だが黒崎の父親は悪い人ではないのかもしれない。このまま良い方向に進めばよいがどうなるのだろうか気になってくる。

黒崎くんの言いなりになんてならない(11)

たなから水あめ     2018:08:16 23:17:06

この巻はバレンタインイベントの話の巻だった。由宇を独占欲で縛り付ける黒崎くんが見られる。黒崎くんは少し鈍いのかもしれない。そんなことが良く分かる巻だった。そして後輩が出てくる。この後輩は黒崎くんの過去を知っているのだろうか。気になる。

黒崎くんの言いなりになんてならない(12)

たなから水あめ     2018:08:16 23:19:48

黒崎くんの俺様っぷりがどんどんなくなってきた感じがする。新キャラの後輩がどのように動いてくるのだろうか、黒崎くんはどうなってしまうのか。由宇と黒崎くんの立場が逆転しているかのような感じがした。早く次の巻が読みたいと思う漫画だ。

オオカミ少女と黒王子(1)

たなから水あめ     2018:08:16 23:26:58

彼氏持ちの友達と話を合わすために嘘の彼氏を作りだし居るはずもない彼氏の話をするオオカミ少女の漫画。待ちで見かけたイケメンを盗撮して彼氏にするのだがそのイケメンは同じ学校の佐田くんという人物だった。だが佐田くんは恋愛に対してあまり興味がないような感じがあり何かあるのかもしれない。次の巻が楽しみだ。

オオカミ少女と黒王子(2)

たなから水あめ     2018:08:16 23:30:08

佐田くんに好かれようと佐田くんの理想の彼女となるように奮闘するオオカミ少女だが佐田くんの中学時代の友達に協力してもらうが空回りしてしまう。エリカに告白させるがあのセリフは黒王子ではなく悪魔そのもの。そのような存在なのかもしれない。

オオカミ少女と黒王子(3)

たなから水あめ     2018:08:16 23:32:29

首輪ではなくネックレスをもらえ喜ぶエリカが見られる巻。テスト勉強まで一緒にやるあたりただの黒王子ではなく優しい黒王子なのかもしれない。読んでいて思うが佐田くんはひねくれすぎている感じがする。今後どうなるのか。この黒王子が丸くなる時はくるのだろうか気になる。

オオカミ少女と黒王子(4)

たなから水あめ     2018:08:16 23:35:19

犬ではなくやっと恋人になることができた巻。だが携帯の登録名は犬のまま。思ったよりも早く付き合ってくれた黒王子だが何か裏があるのだろうか。素直に喜べないものがあるのかもしれない。そして日下部くんはとてもいいやつだった。

オオカミ少女と黒王子(5)

たなから水あめ     2018:08:16 23:37:53

くっ付いてからは周りから見ればただのバカップルである。佐田くんはただの不器用な高校生なのかもしれない。色々紆余曲折あり黒王子となってしまったのかもしれないと思える巻だった。神谷くんと言う犬が増えたのは良いことなのかもしれない。どうなってくるのか。

オオカミ少女と黒王子(6)

たなから水あめ     2018:08:16 23:41:30

この巻で佐田くんの母親と姉が出てくるがどちらも強烈なキャラであった。キョウダイと言うこともあり似た者同士なのかもしれない。母親と姉に気に入られることができたエリカだった。花火のネックレスネタは泣けた。

オオカミ少女と黒王子(7)

たなから水あめ     2018:08:16 23:44:51

従妹の中学生レナが登場。なんとエリカのライバルになってしまう。だが佐田くんは一切の興味がない。眼中にレナはいないのだ。このままいけばレナは悲しいキャラになってしまいそうだがどうなってくるのだろうか気になる。日下部くんよかったな。

オオカミ少女と黒王子(8)

たなから水あめ     2018:08:16 23:47:37

レナもエリカも粘り強いキャラだ。相当メンタルが強い。黒王子の犬になれるほどのメンタルを持っていると改めて実感することができる巻だった。俺があいつを離す気がないこれは何か裏があるのではないかと勘ぐってしまうほどの言葉が黒王子から出たがどうなるのか。

オオカミ少女と黒王子(8)

たなから水あめ     2018:08:16 23:47:38

レナもエリカも粘り強いキャラだ。相当メンタルが強い。黒王子の犬になれるほどのメンタルを持っていると改めて実感することができる巻だった。俺があいつを離す気がないこれは何か裏があるのではないかと勘ぐってしまうほどの言葉が黒王子から出たがどうなるのか。

オオカミ少女と黒王子(9)

たなから水あめ     2018:08:16 23:52:12

佐田くんの表情がどんどん豊かになってくる。今まででは考えられないような状態だ。どんどん変わっていっているのかもしれない黒王子は。エリカの浮気疑惑が出てきたりなんやかんやで振り回される佐田くん。この巻は佐田くん巻だった。

オオカミ少女と黒王子(10)

たなから水あめ     2018:08:16 23:55:23

温泉旅行の話の巻。楽しいはずの温泉旅行が意外な展開になってしまう。だがそれがまたよかったのかもしれない。それぞれの気持ちが読んでいてよく伝わってきた。丁寧に書かれていることが良く分かる。結局は未遂だったが今後はどうなるのか気になる。

オオカミ少女と黒王子(11)

たなから水あめ     2018:08:16 23:58:11

中学生のときに告白された相手テラポンがこの巻で登場する。修学旅行のお小遣いのためにバイトをするエリカ。エリカは嫉妬すると少しめんどくさい感じがする。あのエリカがモテるようになるとはだれも予想しなかった事態なのかもしれない。

オオカミ少女と黒王子(12)

たなから水あめ     2018:08:17 00:00:19

この巻は佐田くんのかっこいいところが見られる巻。テラポンはすこしあれなのかもしれない。初めはテラポンは良い奴なのかもしれないと思っていたがそうではなかった。この巻は少女漫画っぽい巻だったと思う。まぁ少女漫画であるが。

オオカミ少女と黒王子(13)

たなから水あめ     2018:08:17 00:02:52

エリカの両親に呼ばれてエリカの両親にある佐田くん。酔ったエリカの父親に絡まれるが冷静に対応する佐田くんが見られる巻だった。エリカの誕生日をプロデュースするがどんどんハプニングに見舞われてしまう。面白い巻だった。

約束のネバーランド 4

たなから水あめ     2018:08:17 00:08:02

この巻で飼育場とその周辺の情報が新たに分かり知ることができた。まさかのノーマンは出荷されてしまう。これから脱出しようとしている中どんどん問題が出てきてしまう。終盤の逃亡劇いや脱出劇はとても読んでいて引き込まれてしまった。

約束のネバーランド 5

たなから水あめ     2018:08:17 00:10:27

この巻でようやく脱出が成功する。脱出成功し一段落かと思いきや・・・。内から外へ。ようやく物語が始まった感じがした。この巻でママの生い立ちを知ることができた。ミネルヴァさんは一体どのような人物なのかとても気になる。

約束のネバーランド 6

たなから水あめ     2018:08:17 00:12:47

話のスケールがどんどん大きくなってくる。農園からやっとの思いで脱出できたがそこはまた過酷な外の世界だった。これからは外の世界で生きていかなくてはならないのか。鬼から逃げていたがここにきて人間を食わない鬼が登場する。この鬼は一体何なのか気になる。

約束のネバーランド 7

たなから水あめ     2018:08:17 00:14:09

新キャラのおじさんは頼りになるのか。子供達だけで問題が発生した際に解決しなくてはならなかったがおじさんの登場により大人の力を借りることができるようになり少しは楽になるのかもしれない。今後どうなっていくのかまだまだ先が見えない。

約束のネバーランド 8

たなから水あめ     2018:08:17 00:16:47

あのルーカスが生きていた。他の消えてしまった者たちとも再会できた時は生きていてほしいと思う。合わせたい人はノーマンなのではないかと思ったが違っていた。だがおじさんは喜ぶだろう。先がどんどん気になってくる作品だ。

約束のネバーランド 9

たなから水あめ     2018:08:17 00:18:31

なんとノーマンは生きていた。よかった。だがミネルヴァさんはもう死んでいた。ミネルヴァさんのことが色々と分かる巻でもあった。そして農場には出口があったとは思いもよらなかった。だが厳重に管理されているなかどうやっていくのかノーマンならできるのか気になる。

約束のネバーランド 10

たなから水あめ     2018:08:17 00:20:32

やはりエマは戦わない道を進みたがる。鬼との戦いにとても迫力があり読んでいて引き込まれる。もうダメだと思ったところでおじさんとレイが登場する。これほど熱い展開はあるだろうか。とても楽しめた巻だった。続きが速く読みたくて気になる巻でもある。

鬼畜島(7)

たなから水あめ     2018:08:17 00:26:00

どんどん変なキャラが増えていく漫画だ。この漫画は主人公が活躍しそうでしない。ありそうでなさそうな漫画だ。この巻で過去が語られるがもうよくわからない内容だ。だから放射性廃棄物があるのかといったことがよくわかる巻でもあった。

ちはやふる(2)

たなから水あめ     2018:08:18 21:53:01

夢中になって読んでしまう漫画だ。この巻で高校生編がスタートした巻だ。三人で参加した団体戦を負けてしまい悔しさを味わう主人公の千早をよく描けている。かるた部を立ち上げようやく物語が進んでいく感じがした。これからどうなっていくのか気になる。

ちはやふる(3)

たなから水あめ     2018:08:18 21:53:43

この巻で机くんと肉まんくんもかるた部

ちはやふる(3)

たなから水あめ     2018:08:18 21:55:30

この巻で机くんと肉まんくんもかるた部に入部する。そしてかるた部は正式な部活動として認められるようになる。物語がどんどん進んでいく。そして全国大会に向けて日々精進していくかるた部の部員達がよく描かれていて見ていてもよくわかる。

ちはやふる(4)

たなから水あめ     2018:08:18 21:57:40

この巻で詩暢が登場する。そしてこの巻の新とじいちゃんとの話がまた泣ける。千早は対戦中に熱を出して棄権してしまう話もこの巻にでてくる。あまり積極的ではなかった顧問の先生がかるた部を認めてくれるシーンは読んでいてこちらもうれしくなった。

ちはやふる(5)

たなから水あめ     2018:08:18 22:00:36

4巻に出てきた詩暢と千早の初対戦がこの巻に描かれている。詩暢があまりにも強すぎる。圧倒的な強さな詩暢を見ることができる。かるた部の他の部員は千早抜きでの団体戦では善戦はするが敗退してしまう。かるた部でも走りこみをする必要があるといったことが良くわかった。

君に届け(1)

たなから水あめ     2018:08:18 22:04:55

この漫画は3人のヒロインの恋と成長のあつい物語と言えば良いのだろうか。それだけ面白くどんどん読んでいきたいと思う青春漫画だ。風早くんはカッコイイ。これはこの漫画を読んでいくとよくわかる。爽やかな男子高校生はさぞかしモテるのだろう。

君に届け(2)

たなから水あめ     2018:08:18 22:09:53

爽子が頑張る巻だった。1巻まるまる友情話の巻でもあった。爽子に変な噂話が流れてしまいこじれてしまう。爽子のトイレでの頑張りなどこの巻はよい巻だったと思う。噂は時に人を壊してしまうのだろう。だがそんな噂話など気にもせずに一緒にいてくれる友情はいいものだ。

オオカミ少女と黒王子(14)

たなから水あめ     2018:08:18 22:12:52

もう佐田くんの黒い要素はなくなってしまったのか。そんな感じのする巻だった。誕生日を祝ってもらうが喜び方があまり分からずぎこちない感じになってしまう佐田くんをみる巻はこの巻だ。そして手塚の話は少し切ない話ばかりだ。

オオカミ少女と黒王子(15)

たなから水あめ     2018:08:18 22:15:08

この巻は佐田くんのイケメン具合が良く分かる巻だった。佐田くんとエリカに別れの危機が訪れる巻でもあった。何かと色々とあった二人だが今回はどうなるのだろうか。進路問題で別れてしまうがこの二人なら問題ないだろうと思ってもしまう。

オオカミ少女と黒王子(16)

たなから水あめ     2018:08:18 22:17:24

佐田くんはもう黒王子ではない。ただのエリカの彼氏それだけだ。この最終巻でハッピーエンドで終わって良かったと思う。結婚後の話もしっかりと描いてくれており楽しめた。だが佐田くんが出来ちゃった結婚とは考えもしなかった終わり方でもあり驚いた。

アシガール 1

たなから水あめ     2018:08:18 22:22:28

この漫画はタイムスリップものだ。テレビドラマにもなっている少女漫画作品であり読んでいてとても面白い漫画だった。この1巻は読んだ感じ主人公はそうとう図太いやつなのではないかと思った。若君は素敵な感じがした。どう展開していくのか楽しみだ。

アシガール(2)

たなから水あめ     2018:08:18 22:24:53

主人公唯の行動力はすごいものがある。突然タイムスリップした戦国時代にここまで行動力を持っているとは。この巻であやめの手刀のすごさもよくわかる巻であった。若君の魅力もこの巻で増したのではないかと思う。続きが楽しみだ。

アシガール(3)

たなから水あめ     2018:08:18 22:27:17

まさかの国立競技場のサポーターが登場する。戦国時代に国立競技場のサポーターが出てくるのだ。すごいタイムスリップ漫画である。若君は兄に命を狙われ現代にへ行くことに。これは楽しみである。若君が現代に来たらどうなってしまうのか。見逃せない。

アシガール(4)

たなから水あめ     2018:08:18 22:29:50

この巻で若君が現代へ。現代に来た若君だったが、驚くことにどんどん順応していく。主人公の唯の家族ともすんなりと馴染んでしまうが過去に残った主人公の唯の身を案じたりするスーンもよく描かれていると思う。続きが気になる。

アシガール 5

たなから水あめ     2018:08:18 22:32:41

この巻で普通に両想いになるが時代の壁は大きいのかもしれない。主人公唯のムーンウォークが見られる巻はこの巻だけ。林勝馬はまた出てくるのだろうかこればかり気になってしまう。唯を現代に送るシーンは良いシーンであることは間違いなしだ。

アシガール(6)

たなから水あめ     2018:08:18 22:34:46

この巻で再び唯が戦国時代に戻ってくるが阿湖姫というライバルが登場する。ありとあっさりと過去の戦国時代に戻ってこれたので驚きもあったがこんなものなのだろうと思う。ライバルが登場したが若君は唯一筋そうで何も問題も起こりそうにない。今後どうなるのか気になる。

アシガール(7)

たなから水あめ     2018:08:18 22:38:26

この巻で阿湖姫の身代わりとなり捕らわれた唯だが若君が助けに来てくれる。兄上が主人公の唯を助けてくれるシーンはとてもよかった。今後は兄上とも仲良くやっていけるのではないかと思うがどうなるのだろうか。二人とも無事で良かった。

アシガール 8

たなから水あめ     2018:08:18 22:41:07

この巻で主人公の唯の正体が女であることがばれてしまう。だが正体がばれたおかげで許嫁になることができた。許嫁になっても若様を守ることが第一なところは変わらないのはすごいと思う。結婚してこの時代に残るのか現代に戻ってくるのか気になる。

アシガール 9

たなから水あめ     2018:08:18 22:43:42

この巻は若君のかっこいいところが見られる巻だった。そして唯之助も面白い。成之と阿湖姫にも若君と唯と同じように幸せになってほしいと願うほどに良いキャラなのである。若君にマリッジブルー説が流れたりと色々と面白い巻だった。

アシガール 10

たなから水あめ     2018:08:18 22:45:46

ついにこの巻で若君と唯が結婚する。だが唯は現代に戻ってしまう。一体これから先どうなってしまうのか気になってしょうがない。これ以外はあまり物語はこの巻では進まなかったが次の巻ではどうなってしまうのか気になってしまうところで終わってしまった。

きらめきのライオンボーイ 1

たなから水あめ     2018:08:18 22:50:11

りぼんらしい少女漫画なのではないかと思う。この漫画は主人公が小学生の頃に好きな子からイジメを受けていたドジっ子の女の子と天然男の子の恋愛漫画だった。2人とも不思議っ子すぎて堂物語が進んでいくのか全く先が読めない少女漫画だ。

きらめきのライオンボーイ 2

たなから水あめ     2018:08:18 22:52:53

桐敦はみわにたいして自分の気持ちをすぱっと言えてしまう。そんなところが桐敦のクールであり良いところなのかもしれない。そしてこの巻で1つトラウマの克服ができたことはよかったことなのかもしれない。続きはどうなるのだろうか。また新たなトラウマが出てくるのだろうか気になる。

きらめきのライオンボーイ 3

たなから水あめ     2018:08:18 22:56:21

主人公はネガティブで内気なキャラなのかと思えばそうだとは思えないような行動をとったりする。よくわからないキャラだ。佐野くんと笑心がくっついたことは少し意外だったが良かったのではないだろうか。佐野くんの意地悪なところがまた良いのかもしれない。

きらめきのライオンボーイ 4

たなから水あめ     2018:08:18 22:58:51

桐敦がみわへの誕生日プレゼントを選ぶ話がある巻だ。桐敦の家庭の事情はまだよくわからないが今後大きくかかわってくるのだろうか気になる。桐敦のことがまだよく分からないことが多すぎて何とも言えないところだ。今後巻が進むにつ入れて明らかになっていくのだろうか。

きらめきのライオンボーイ 5

たなから水あめ     2018:08:18 23:00:31

桐敦とみわの恋愛はまだ順調と言ったところだろうか。大きな問題を抱えていたり発生すると言ったこともなく順調だ。だが佐野くんとニコはよく喧嘩をしているが順調なのだろうか。佐野くんはニコにゾッコンそうで何よりだが。進展はあまりなしか。

きらめきのライオンボーイ 6

たなから水あめ     2018:08:18 23:03:50

この巻は桜太メインの巻と言っても良いくらいの巻だ。桜太の気持ちを考えると少し切ないのかもしれない。桜太は良い奴だとつくづく思う。親の紹介であったこが9歳の女の子と少しおかしなところがあったがこんなものなのか。いや親がおかしいのだろう。

ふしぎの国の有栖川さん

たなから水あめ     2018:08:18 23:07:00

男の子とも話したことがない有栖川さんだったが偶然、野宮くんという男の子と知り合いになり物語が進んでいく。だがこの漫画は野宮くんと菅谷くんとのエピソードの方が気になる漫画だ。これからどうなっていくのか気になる少女漫画だ。

ふしぎの国の有栖川さん 2

たなから水あめ     2018:08:18 23:09:36

野宮くんは天然キャラなのかもしれないがイケメン感がすごい。野宮くんは有栖川さんのことが好きなのだが有栖川さんには許嫁がいるようだ。だが許嫁は有栖川さんには興味がなさそうだが今度どうかかわってくるのだろうか。気になるところだ。

ふしぎの国の有栖川さん 3

たなから水あめ     2018:08:18 23:12:28

野宮くんは何でも完璧にこなせてしまうキャラだった。料理も得意で非の打ちどころがない。だが野宮くんはあまり表情に出さないので有栖川さんのことが好きなのかどうかよく分からないときがある。だが進展がなさすぎる次の巻では進展があってほしいと願う。

ふしぎの国の有栖川さん 4

たなから水あめ     2018:08:18 23:15:15

この巻でようやく自分の気持ちが恋だと気づく有栖川さんだが今更そこなのだ。そして野宮くんの元同級生栗山さんが登場する。栗山さんはまっすぐで良い子でそして野宮くんが好きでもあるキャラだ。何度も手を繋いではいるがなかなか進展がない。

ふしぎの国の有栖川さん 5

たなから水あめ     2018:08:18 23:17:45

この漫画は悪人キャラと言うか悪い人が全く出てこない漫画だ。珍しい少女漫画であるのかもしれないがそこがいい少女漫画なのかもしれない。ほのかさんのすごくいい人感が良く伝わってくる巻でもあった。そしてこの巻で有栖川さんが告白する。進展が遅い漫画であるが少しずつ進んでいる。

NARUTO(1)

たなから水あめ     2018:08:20 21:21:53

大人気漫画となった忍者をベースにした漫画。里一番の忍者火影になるために奮闘する姿は今になっては懐かしい感じがする。あの問題児だったナルトが少しずつ成長していく姿が見ることができる作品だ。やっぱり面白い引き込まれていく。

NARUTO(2)

たなから水あめ     2018:08:22 23:03:24

今まで1人も合格者を出さなかったカカシ先生だったがナルトとサクラそしてサスケに合格をだし3人揃っての見事に合格となった回の巻だ。個々の力より協力。チームワークが何より大事となるのが忍者なのだ。そんなことが分かった巻だった。

君に届け(3)

たなから水あめ     2018:08:25 15:33:53

ライバルである、くるみちゃんの登場で話はどんどん進んで言っているようにも見られる。そこが読んでいてよかったと思う。性格が良すぎるせいでくるみの真の狙いに気付かないところなどよくある展開なのかもしれない。また、続きが楽しみである。

NARUTO(3)

たなから水あめ     2018:08:25 16:27:40

この巻は白との戦闘中にサスケが血継限界を覚醒させる話が収録された巻。この巻ではまだサスケは良い奴だったと思う。ナルトを庇ったりとしていた。イナリの父親の話はとにかく悲しい話であり救われない感じがする。この巻だけでも楽しめる巻だ。

NARUTO(4)

たなから水あめ     2018:08:27 21:03:50

この巻は血継限界の血筋が原因で父親を殺した白だが心から自分を認めてくれるのは再不斬だけである。白にとって再不斬は大切な存在であることがわかる。そんな話を収録している神田。この話は何度読んでも良い話であり泣ける話でもある。

NARUTO(5)

たなから水あめ     2018:08:28 21:18:47

この巻は中忍試験の巻だ。読んでいて懐かしい感じがした。このころの中忍試験はまだナルト達は苦戦していた感じがする。ナルトは最後の10問目に賭け何とか一次試験を突破することができた。みんな若々しい感じが読んでいて思った。懐かしい。

NARUTO(6)

たなから水あめ     2018:08:30 17:20:14

この巻で大蛇丸が襲来してくる。サクラの活躍が見られる巻でもある。少年漫画ならではの成長回と言ってもいいほどのサクラの成長ぶりが良く描かれている。読んでいて引き込まれていく漫画だ。早く続きが読みたいと思える漫画だった。

NARUTO(7)

たなから水あめ     2018:09:01 22:06:11

この巻は呪印サスケの覚醒が見られる巻だ。今となっては懐かしい感じがする。そういえばそんなこともあったなと。この巻は中忍試験の巻でもあり、この巻では中忍試験について描かれている。様々な思惑が絡み合う中忍試験を改めて読んで良かった。

NARUTO(8)

たなから水あめ     2018:09:02 22:56:33

この巻は前回終わった第二回の中忍試験が終わり、第3試験予選スタートの巻だ。サクラVSいの の戦いなど懐かしいものが描かれていた。サクラVSいのの戦いはすごい白熱した戦いで熱い。読んでいて引き込まれていく展開だった。読み返して良かったと思える漫画だ。

NARUTO(9)

たなから水あめ     2018:09:06 15:57:08

昔の懐かしの仲間がたくさん出てくる巻だ。ナルトはキバとの戦いでみんなに認めてもらったりし始めた巻でもある。ナルトの成長を観ることが出来たりネジとヒナタとの戦いなど熱いものがたくさんあった。このころから戦いは熱いものがある。

NARUTO(10)

たなから水あめ     2018:09:07 21:38:53

この巻はリーの巻だ。初めてリーを漫画で見た時は変わったやつだと思ったが良い奴だ。そしてカッコイイキャラでもある。この巻ではリーとガイ先生の師弟愛が良く分かる巻でもあり読んでいて面白い巻だ。懐かしい感じがした。

NARUTO(11)

たなから水あめ     2018:09:10 20:29:39

実はすごい人だった自来也。ただのエロ仙人ではなかった。ナルトの九尾のチャクラを解放するさせるために色々な無茶なことをナルトにやらせる。そしてこの巻でガマ親分を口寄せできるようになる。少しずつナルトの成長をみることが出来る巻だ。

NARUTO(12)

たなから水あめ     2018:09:11 21:00:33

この巻でついにナルトは正気を保ったまま九尾のチャクラを呼び出すことに成功した回の話がある巻だ。ついに九尾のチャクラをここまで長かったような気がするがコミックだとあっさりでもある。懐かしい。ナルトの成長ぶりをみるのは楽しい。

NARUTO(13)

たなから水あめ     2018:09:12 19:00:10

この巻はサスケvs我愛羅の試合が描かれている回がある巻だ。遅れてやってきたサスケだったが千鳥の初お披露目があったりと色々とすごい回だった。そしてこの巻でようやく中忍試験が終わり物語が進んでいく。めまぐるしい展開が今後待っているかと思うと楽しみだ。

NARUTO(14)

たなから水あめ     2018:09:17 20:21:50

この巻では、火影がついに崩れるかどうかという話がどんどん進んでいきそうな展開が多く入っている巻だ。火影同士の戦いはやはりすごい。今までの戦いとは違うとはっきり分かるほどの違いだ。一体これから先どうなっていくのか引き込まれていく。

人気ユーザーランキング

ゆずぽんず

265件

少女漫画も少年漫画も、幅広く読みます!....

名無し

189件

....

mahoho

166件

宜しくお願いします!....

マホーン

152件

好きな漫画、読んだ漫画についてつぶやいていきます!宜しくお願いいた....

たなから水あめ

132件

宜しくお願いします。コメントテストです。....

人気漫画ランキング

ジャガーン 1

金城 宗幸/にしだ けんすけ

君に届け(1)

椎名軽穂

アイアムアヒーロー(9)

花沢健吾

闇金ウシジマくん(20)

真鍋昌平

バガボンド 37

吉川英治

キーワードから探す

少年マンガ (175) 青年マンガ (177) ギャグマンガ (9) 少女マンガ (60) バトル (63) ミステリー/ホラー (32) ビジネス (29) スポーツ (149) 歴史 (39) その他 (35)

著者から探す

鈴木ジュリエッタ (2) 諫山 創 (1) おりもとみまな (1) 加賀やっこ (2) 小学館 (2) 高野 ひと深 (2) 山本英夫 (1) 赤松 健 (2) 上原 求/新井 和也 (1) 鈴ノ木ユウ (14) みもり/香月日輪 (1) 白石ユキ (4) 藤原ここあ (11) フジカワユカ/理不尽な孫の手 (4) オザキ アキラ (5) 三条陸/稲田浩司 (1) 水野十子 (2) 花田陵 (7) ひぐち アサ (2) 古味 慎也/HiRock (7)